「仮面ライダーオーズ」渡部秀×三浦涼介、6年ぶり“再会”に笑顔「あの日置いてきた想いを…」

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』大ヒット御礼舞台挨拶が29日、都内・新宿バルト9にて行われ、仮面ライダーオーズ/火野映司役の渡部秀、相棒・アンク役の三浦涼介、仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰役の佐野岳、仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役の西銘駿、監督の上堀内佳寿也が登壇した。

仮面ライダー

渡部秀「この瞬間をずっと待ってました」


ファンから「映司〜!!」「アンクー!!」と歓声を浴びると、「皆さんただいまー!!」(渡部)、「ただいま!」(三浦)とそれぞれ笑顔をのぞかせた。

仮面ライダー

6年ぶりの復活に、渡部は「この日まですごく自然な流れだったというか、この瞬間をずっと待ってました。『オーズとしてもう一度出ていただけませんか?』というお話をいただいた時から、りょんくんに相談するところまでは割とあっという間だった」と回想。続けて、「流れがすごく運命的だったと思います」と出演までの経緯に運命を感じていた様子だった。

仮面ライダー

上堀内監督は、2人揃っての出演に「『マジで!?』って思った(笑)出ると思ってなかった…」と吐露すると、渡部も「(三浦が)本当に帰ってくるとは思わなかった。ひねくれ者だからね(笑)」とハニカミ。

三浦は「ひねくれてないよ!!そんな求めてくれていたとは…ありがとうございます!」と嬉しそうにしていた。

仮面ライダー

三浦涼介「全く振り向いてもらえなくなる前に…」


渡部から直々にオファーを受け、今回の出演に至った三浦は「今年30(歳)になったんですが、なった途端にいろんなことを考え始めるようになって、プライベートもお仕事の面も、求めてもらえることが少しづつ減ってきてるような感覚があって。そんな中でも、未だに待ってくださっている方・求めてくださる方がいる間に『なんかしとこうかな』みたいな。全く振り向いてもらえなくなる前に…」と心境を告白。

仮面ライダー

その言葉に、ファンから歓迎の拍手が贈られると「ありがとうございます!」と笑みをこぼしていた。

仮面ライダー

映司とアンクの回想カットは渡部秀が厳選!


渡部は「りょんくんが出てくれることが決まってから、やっぱりこの日をずっと待っていた。メダルが割れてからずっと旅に出ていた映司が、新たなスタートを切れる作品にしたいと思った。りょんくんともすごく(物語)を考えて、アイスキャンディーとかいろんなアイテムを大事にしていきたかった。メダル以上にすごく大事なアイテムだと僕は思うんです。その辺を(どう登場させるか)すごく考えましたね」と、映司とアンクの再開シーンでの脚色部分を告白。

仮面ライダー

映司がアンクグリードと1人で戦いながら、三浦扮するアンクを回想する場面は、渡部が厳選したドラマ版のカットが使用されている。

仮面ライダー

三浦涼介、渡部秀は「可愛げがない!」


三浦は久々の仮面ライダーの現場に「緊張はしてましたよ!」と明かす。渡部も緊張していたようだが「何より当時(『仮面ライダーオーズ』撮影当時)セカンド:助監督でついていた上堀内さんが監督としていらっしゃる現場はすごく新鮮でしたね」とコメントした。

仮面ライダー

そんな渡部に上堀内監督が「(現場で)『なんだ…この無駄な貫禄は…!』と思ってた!」とこぼすと、三浦も「(ドラマ)当時から貫禄あった!」と共感。ドラマ放送当時は19歳(現26歳)だった渡部は「当時から『大人っぽくいなきゃ!』『引っ張っていかなきゃ!』って想いが強かったから、そういう昔からの癖が残っちゃってるんですよね」とコメント。

仮面ライダー

上堀内監督と三浦から「可愛げがない!」といちゃもんつけられると、渡部は「可愛いですよ俺!」とお茶目なポーズを披露し、ファンを沸かせていた。さらに三浦から「当時からさらに可愛げがなくなった!たくさん食べてた可愛げが、今は『朝は食べないんです』『コーヒー飲みたいな』とか言うんです!!」と暴露し、笑いをとった。

仮面ライダー

渡部秀「あの日置いてきた想いを…」


最後に渡部は「あの日置いてきた想いを、こうして皆さんに届けられてすごく光栄です。何よりも、りょんくんがアンクとして帰ってきてくれて、オーズチームとしてしっかりと次なるステップに進める良い作品になったと思います。また機会がありましたら、りょんくんの力も借りて、皆さんの前に現れたいと思います!」とファンにメッセージを贈り、イベントを締めくくった。

映画仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー』は大ヒット公開中

「ビルド&エグゼイド」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で