第43回日本アカデミー賞授賞式 詳細レポ|初の無観客開催、最優秀作品賞&W主演賞『新聞記者』松坂桃李ら喜びのスピーチ

第43回日本アカデミー賞授賞式が6日、都内・グランドプリンスホテル新高輪にて行われた。

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

新型コロナウィルス感染予防の観点から観覧を取り止め、規模を縮小して開催された「第43回日本アカデミー賞授賞式」。同授賞式の司会を務めるのは、これまで授賞式会場でのインタビューや授賞式テレビ放送司会を担当してきた羽鳥慎一、『万引き家族』にて第42回最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラ。

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

各部門で優秀賞を受賞した俳優・監督らが晴れやかにレッドカーペットに登場し、43回目となる授賞式がスタート。女優の皆様の華やかなドレス姿や着物姿、にこやかに言葉を交わしながらの入場など、日本アカデミー賞ならではのあたたかな雰囲気は例年と変わらず、式典の幕開けを彩った。

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

今回から新たに授賞式の司会を務める羽鳥慎一は、 オープニングで「今日は1年に1度の映画の祭典でございます。皆様と一緒にこの第43回授賞式を盛り上げて参りたいと思います」とコメントし、昨年『万引き家族』で最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラとともに息の合ったやりとりで式典を進行した。

【助演男優賞】

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

受賞者は撮影時の思い出を披露。綾野剛は撮影で宿泊していたホテルで深夜に露天風呂に行った際、笑福亭鶴瓶と偶然居合わせて背中を流したエピソードを語り、鶴瓶も思い出し笑いをしながら応えた。柄本佑は安藤サクラからのインタビューを受けることになり、夫婦でのアカデミー賞での共演は初の出来事に。

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

最優秀助演男優賞は『キングダム』で二役を演じた吉沢亮が受賞。昨年、新人俳優賞を受賞したばかりということで「まさか最優秀をいただいてここでスピーチをすることになるとは思っていなかったので」と緊張しながら語るとともに、同作品で主演を演じた山﨑賢人と「次は続編で2人で(日本アカデミー賞の会場に)来ようぜ」と熱く語り合ったことを明かし、「彼(山﨑賢人)が主演でみんなを引っ張ってくれたおかげで、すごく素敵な作品になったと思うし、彼とお芝居をしたことによって、僕が(最優秀助演男優賞を)いただけることになったのかなと思っています」と感謝の気持ちを伝えた。

【助演女優賞】

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

天海祐希は『最高の人生の見つけ方』での吉永小百合と再共演を振り返りながら瞳を潤ませる場面も、吉永からの「最高の相棒でした」との言葉にさらに瞳を潤ませていた。最優秀助演女優賞は、最優秀助演男優賞に続き『キングダム』から、長澤まさみが受賞。

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

第28回『世界の中心で、愛をさけぶ』以来、15年ぶり2回目の受賞に。「自分にできることは何だろうということを考えながら日々仕事と向き合ってきました。まだまだこの先自分がどうなるかというのは自分も見えていないし、見えない自分というか、まだ会ったことのない自分を目指してこれからも励んでいきたいなと思います」と17歳で受賞してからこれまでを振り返り、また今後についても抱負を語った。

【話題賞】

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

俳優部門を『引っ越し大名!』で受賞した星野源は、「一般投票で決まる賞ということで本当に嬉しいです」と喜びのコメント。作品部門を受賞した『決算!忠臣蔵』からは中村義洋監督と、同作品で優秀助演男優賞を受賞している岡村隆史が登壇。中村監督から「岡村さんに締めていただきます」と無茶振りをされた岡村は、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で投票を呼びかけ、作品賞し受賞できたものの俳優賞を逃したことを「リスナーに裏切られた気持ちであります」と冗談交じりにこぼすなど笑いを誘っていた。

【新人俳優賞】

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

これまでの受賞者はその後も「主演」「助演」で再び日本アカデミー賞を受賞するなど、各方面で活躍を続けていることもあり、これからの映画界を担うことが期待される「新人俳優賞」。本年は、岸井ゆきの、黒島結菜、吉岡里帆、鈴鹿央士、森崎ウィン、横浜流星の6名が受賞した。プレゼンターは役所広司が務め、「勇気を持って失敗を恐れずに。いい作品と出会えることを祈っています」と激励した。

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

横浜流星が「正直まだこの賞は早いのではないかと思っていますが、いただけたからにはこの賞に恥じないように心に残るような素敵な作品を作っていけたらと思っていますし、またこの場に立てるよう日々精進したいと思います」と挨拶するなど、新人俳優賞受賞者の6名は今回の受賞を受けて俳優として身を引き締めているようだった。なお、本年の「新人俳優賞」受賞者を撮り下ろしたビジュアルを掲出する特別企画「NEW CINEMA FACE 2020」は3月13日(金)まで東京ミッドタウン日比谷にて実施されている。

【主演女優賞】

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

優秀助演女優賞と合わせての受賞となった二階堂ふみ、昨年は優秀助演女優賞を受賞した松岡茉優、最優秀賞を獲得すれば吉永小百合と並び4回目となる宮沢りえたちが揃った主演女優賞。吉永は、今回で20回目(うち最優秀は4回受賞)の優秀主演女優賞受賞となった。

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

最優秀主演女優賞は、『新聞記者』のシム・ウンギョンが受賞。外国人としては初の最優秀主演女優賞となった。発表された瞬間は何が起こったか分からないといった表情で、スピーチの際にも言葉を発することがなかなかできない様子だったが、会場から湧き上がった拍手に促され、「これからも頑張って活動します。ありがとうございました」と涙とともに言葉数は少ないながらも日本語で感謝の気持ちを伝えた。

【主演男優賞】

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

記憶にございません!』での総理役で優秀主演俳優賞を受賞した中井貴一は、脚本の三谷幸喜を「同い年ですけど尊敬しています」と称賛したが、一方、三谷は「さっき僕にこそっと言ってくれたんですけど、最優秀を取ったら一曲歌ってみたいなとをポロっと(言っていた)」と無茶振りをし、会場を沸かせた。

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

今年の最優秀主演俳優賞を受賞したのは、昨年、最優秀助演男優賞を受賞した松坂桃李。「一緒にお芝居をすることができて最後まで駆け抜けることができました」と讃えたシム・ウンギョンとともに『新聞記者』で最優秀主演のダブル受賞に輝いた。「今日という日を糧に、また新たに作品の一部に自分がちゃんとなれるようにと思っております」と昨年に続き、受賞の喜びを今後につなげていくことを誓った。

【監督賞】

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

日本アカデミー賞史上最多の13冠を獲得した『Shall we ダンス?』の周防正行監督をはじめとする日本が誇る名監督が揃った監督賞では、『翔んで埼玉』のメガホンを取った武内英樹監督が映えある最優秀賞に。武内監督は「取っちゃいけない作品が取っちゃった…」と自虐的に語りながらも、「埼玉の733万5千人の県民のみなさん、映画を応援してくれて温かく見守っていただいて、ありがとうございました!」と潔い短い挨拶で埼玉県民に向けて感謝のスピーチを送った。これには円卓で見守る主演のGACKTと二階堂ふみも笑顔で武内監督の受賞を祝福した。

【作品賞】

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

最後の発表となった「最優秀作品賞」には、『新聞記者』が輝き、俳優・スタッフ陣が喜びの表情で登壇。主演の松坂は「ここにいないスタッフの方々、関係者の皆様と今すぐにでも喜びを分かち合いたい気分です」とコメントし、藤井道人監督も「たくさんのスタッフと力をみんな合わせてこの映画を作ったので、早くみんなに報告したい。桃李くんと同じ思いです」と語り、チームワークのよさ伺わせた。安藤サクラに「来年は司会です」と来年の授賞式を託されたシム・ウンギョンは戸惑いながらも「頑張ります!」と意気込んでいた。

日本アカデミー賞
(C)日本アカデミー賞協会

第43回日本アカデミー賞選考対象作品は、2018年12月16日〜2019年12月15日の期間に、東京地区に於いて有料で初公開された劇場用映画及びアニメーション作品(ほか選考対象条件あり)。各最優秀賞を含む、優秀作品賞、優秀アニメーション作品賞、優秀監督賞、優秀主演俳優賞、優秀主演女優賞ほか受賞者・受賞作品は下記一覧まで。

日本アカデミー賞協会 公式サイト:https://www.japan-academy-prize.jp/

優秀作品賞(各最優秀賞は★印つき)


キングダム
新聞記者
翔んで埼玉
閉鎖病棟―それぞれの朝―
蜜蜂と遠雷

優秀監督賞


佐藤信介 監督『キングダム
周防正行 監督『カツベン!
武内英樹 監督『翔んで埼玉
平山秀幸 監督『閉鎖病棟―それぞれの朝―
藤井道人 監督『新聞記者

優秀主演男優賞


笑福亭鶴瓶『閉鎖病棟―それぞれの朝―
菅田将暉『アルキメデスの大戦
中井貴一『記憶にございません!
松坂桃李『新聞記者
GACKT『翔んで埼玉

優秀主演女優賞


シム・ウンギョン『新聞記者
二階堂ふみ『翔んで埼玉
松岡茉優『蜜蜂と遠雷
宮沢りえ『人間失格 太宰治と3人の女たち
吉永小百合『最高の人生の見つけ方

優秀助演男優賞


綾野剛『閉鎖病棟―それぞれの朝―
伊勢谷友介『翔んで埼玉
柄本佑『アルキメデスの大戦
岡村隆史『決算!忠臣蔵
佐々木蔵之介『空母いぶき
吉沢亮『キングダム

優秀助演女優賞


天海祐希『最高の人生の見つけ方
小松菜奈『閉鎖病棟―それぞれの朝―
高畑充希『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
長澤まさみ『キングダム
二階堂ふみ『人間失格 太宰治と3人の女たち

新人俳優賞


岸井ゆきの『愛がなんだ
黒島結菜『カツベン!
吉岡里帆『見えない目撃者』『パラレルワールド・ラブストーリー
鈴鹿央士『蜜蜂と遠雷
森崎ウィン『蜜蜂と遠雷
横浜流星『愛唄 ー約束のナクヒトー』『いなくなれ、群青』『チア男子!!

話題賞


作品部門:『決算!忠臣蔵
俳優部門:星野源『引っ越し大名!

優秀アニメーション作品賞


空の青さを知る人よ
天気の子
名探偵コナン 紺青の拳
ルパン三世 THE FIRST
劇場版『ONE PIECE STAMPEDE

優秀脚本賞


片島章三『カツベン!
詩森ろば/髙石明彦/藤井道人『新聞記者
徳永友一『翔んで埼玉
平山秀幸『閉鎖病棟―それぞれの朝―
三谷幸喜『記憶にございません!

優秀美術賞


棈木陽次(「棈」の正式表記は木に青)『翔んで埼玉
磯田典宏『カツベン!
斎藤岩男『キングダム
上條安里『アルキメデスの大戦
中澤克巳『閉鎖病棟―それぞれの朝―

優秀撮影賞


河津太郎『キングダム
柴崎幸三『閉鎖病棟―それぞれの朝―
谷川創平『翔んで埼玉
ピオトル・ニエミイスキ『蜜蜂と遠雷
藤澤順一『カツベン!

優秀照明賞


※『キングダム』の照明部門の受賞対象者なし
上田なりゆき『閉鎖病棟―それぞれの朝―
李家俊理『翔んで埼玉
宗賢次郎『蜜蜂と遠雷
長田達也『カツベン!

優秀録音賞


加藤大和『翔んで埼玉
久連石由文『蜜蜂と遠雷
郡弘道『カツベン!
小松将人『閉鎖病棟―それぞれの朝―
横野一氏工『キングダム

優秀編集賞


今井剛『キングダム
河村信二『翔んで埼玉
洲﨑千恵子『閉鎖病棟―それぞれの朝―
古川達馬『新聞記者
宮島竜治『アルキメデスの大戦

優秀音楽賞


周防義和『カツベン!
藤倉大/篠田大介『蜜蜂と遠雷
やまだ豊『キングダム
Face 2 fAKE『翔んで埼玉
RADWIMPS『天気の子

優秀外国作品賞


イエスタデイ
グリーンブック
ジョーカー
運び屋
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

第43回日本アカデミー賞授賞式プレゼンター(第42回最優秀賞及び話題賞受賞者)


最優秀監督賞 是枝裕和 監督『万引き家族
最優秀脚本賞 是枝裕和 監督『万引き家族
最優秀主演男優賞 役所広司『孤狼の血
最優秀主演女優賞 安藤サクラ『万引き家族
最優秀助演男優賞 松坂桃李『孤狼の血
最優秀助演女優賞 (樹木希林 代理予定)『万引き家族
最優秀音楽賞 細野晴臣『万引き家族
最優秀撮影賞 近藤龍人『万引き家族
最優秀照明賞 藤井勇『万引き家族
最優秀美術賞 今村力『孤狼の血
最優秀録音賞 浦田和治『孤狼の血
最優秀編集賞 上田慎一郎『カメラを止めるな!
最優秀アニメーション作品賞 齋藤優一郎『未来のミライ
最優秀外国作品賞 ウォルト・ディズニースタジオ『ボヘミアン・ラプソディ
話題賞 俳優部門 伊藤健太郎『コーヒーが冷めないうちに

(C)日本アカデミー賞協会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で