篠原信一、おのののか、小島よしおがレッドカーペットで大乱闘サバイバル! 『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』

『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』の日本上陸を記念し、柔道家でタレントとしても活躍する篠原信一、タレント活動の傍ら東京ドームでビール売りのアルバイトをしていた事もある おのののか、また華麗な肉体美のお笑い芸人の小島よしおを招いて14日にジャパンプレミア試写会が開催された。しかしサバイバル映画の試写会で待つのは、攻略不能なサバイバルレッドカーペット。3人はギャラ獲得をかけて大乱闘に!

レッドカーペット_フォトセッション豪華なレッドカーペットにリムジンで現れたのは、本作をイメージしたミリタリーファッションに身を包んだ篠原信一、おのののか、小島よしおさんの3人。いざレッドカーペットを進もうとすると、そこには様々な障害物が。『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』では終末の世界でサバイバルが繰り広げられる事から、今日のレッドカーペットもサバイバル仕様。負けた2人にはギャラなしという事実が告げられると3人の表情は本気モードに。「体育会芸人として負けられない」(小島さん)、「僕は全てを淘汰する男です」(篠原さん)と意気込みを見せながら、サバイバルカーペットへと走り出した。

ぐるぐるバット、麻袋競争、パン食い競争、三輪車競争の順に障害物に挑む3人のうち、最初にぐるぐるバットを抜けたおの。その後ろでは篠原が小島に技をかけるなど大乱闘。麻袋競争を抜けてパン食い競争へと進んだおのに追いついた篠原が棒を揺らし、パンを全て落下させて大暴れ。おかげで無事にパンをゲットしたおのはトップでゴール!続いて小島が到着し、三輪車のペダルを破壊してしまった篠原が最下位でゴールイン。
小島は「服を脱がされて右も左も分からない中、突然巨体が倒れてきて、なんなんですか!!」と不満げな様子。パン競争に挑戦中

続いて映画上映前の舞台挨拶に登場した3人。映画同様に芸能界というサバイバルを生き抜いてきた小島が「とにかく諦めないことですね。続けることの大切さをこの作品で学びました。」とサバイバル術を明かすと、篠原から「学んだの最近なんですね。」とツッコミが入り、会場から笑いが起きる。

さらに、脱出成功率0%と言われる本作にかけて、今まで絶体絶命だ!と思った瞬間を問われた3人は「心霊ロケに行ったら誰もいないのに肩を叩かれました!」(おの)、「アラスカでマイナス50℃の中、そんなの関係ねえ!をやった事。」(小島)、「車に引かれましたからね。2mくらい飛んだんですよ!」(篠原)と、過去の過酷なエピソードを振り返っていた。

10月23日(金)、TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開
配給:20世紀フォックス映画
(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で