ヒーロー映画史上最もスキャンダラス! 衝撃の謎解きサスペンスアクション 『THE BATMAN-ザ・バットマン-』 をIMAXで観るべき理由とは

最近、テレビやインターネットなどで「IMAX」という言葉をよく目にするかと思います。何となく聞いたことがあるけど、「IMAXって何がすごいんだろう?」「“普通に観る”のとどう違うの?」と疑問を抱いている人も多いはず…。そんな疑問を解消しつつ、「映画をIMAXで観たい!」と思う理由を3つのポイントに分けてご紹介!

▶︎すべての要素にこだわり、世界最高レベルの臨場感を追求したのがIMAX!

IMAX

新しい上映システムの導入が進み、映画をより楽しめる環境が整いつつある昨今の映画業界。IMAXとは、映像やサウンドのクオリティはもちろん、客席の角度やスクリーンからの距離などシアター空間全体を最高レベルに磨き上げた上映システムのこと。IMAXの映像は従来の上映システムに比べて明るさ1.6倍。高性能デジタルプロジェクターを使用しているから、映像が圧倒的に鮮やか。そして床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンは、まさにIMAXの象徴だ。

また、パワフルなサウンドシステムによってピンが落ちる音から火山の爆発音まで、幅広い音をクリアに再現し、腹の底にこたえる感動を生み出している。IMAXはすべての要素にこだわって世界最高レベルの臨場感を追求しているため、他では味わえない映像の美しさや臨場感が体感でき、映画の世界観そのままに、よりリアルな映画体験を楽しむことができる。

つまり、従来の上映より「スクリーンが大きい!」「映像がキレイ!」「音が良い!」のが特徴!IMAXで映画を観たら、今までの映画体験では満足できないかも!?

 ① 視界いっぱいの巨大なスクリーン!
IMAXシアターに入ったら、まずはスクリーンの大きさに注目。床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンはIMAXの特徴のひとつ。視野全体で映画を感じることができる。スクリーンと客席の距離が近く、表面も若干湾曲していることから、観客を映像が包み込み、まるで“映画の世界に入り込んだ”かのような臨場感を味わえる!

 ② 圧倒的な明るさ!
特許を持つ独自の映像処理技術「デジタル・メディア・リマスタリング技術(DMR)」により、映画製作者の眼に映った映像を最大限のクオリティで表現を可能に!上映に際しては最新鋭のプロジェクターを使用!それによって鮮明さと暖かみのバランスがとれ、細部までくっきりと映し出される明るくクリアな映像は、これまでにない圧倒的なリアリティをもたらす。その美しさに、きっとあなたも息をのむはず!

 ③ カラダの芯まで揺さぶる高精度なサウンド!
お腹の底まで響く大音響から肩ごしに聞こえるささやき、さらに人の耳では捉えきれない音域までカバーすることで、微妙なニュアンスも忠実に再現。聴くというより、“全身で感じるようなサウンド”を実現している。カスタムな配置と完璧なチューニングで、実際に“その場にいる”かのような臨場感を生み出し、シアター内の“どこに座っていても”理想的なリスニング環境になるよう設計されているから驚きだ!



▶︎バットモービルの轟音鳴り響く!圧倒的な没入感!
THE BATMAN-ザ・バットマン-』をIMAXで体感せよ。2022年3月11日(金)公開

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

世界中の賞レースを沸かせ社会現象となった『ジョーカー』、数々の記録を更新し世界中の人々を熱狂させた『ワンダーウーマン』シリーズ、痛快サバイバル・アクション『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』、など、多くの話題作を手掛けるDCの新たな注目作『THE BATMAN-ザ・バットマンー』が3月11日に日本公開される。クリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』トリロジー以来となるバットマン単独映画が、全世界の大きな期待と共に遂に幕を開ける!

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

新バットマンのブルース・ウェイン役には、『ハリー・ポッター』『トワイライト』シリーズで一躍人気俳優の仲間入りし、日本でもリピーター続出という社会現象を巻き起こした『TENET テネット』で主人公のバディ“ニール”を好演するなど、演技派俳優として再び注目を集めているロバート・パティンソン。

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

また、ペンギン役を『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、『ダンボ』のコリン・ファレル、リドラー役を『それでも夜は明ける』、『スイス・アーミー・マン』のポール・ダノ、キャットウーマン役を『ファンタスティック・ビースト』シリーズのゾーイ・クラヴィッツ、カーマイン・ファルコン役を『トランスフォーマー』シリーズのジョン・タトゥーロ、そしてお馴染みのアルフレッド役とジェームズ・ゴードン役には、『猿の惑星』シリーズのアンディ・サーキス、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のジェフリー・ライトがそれぞれ演じ、豪華キャストの共演も見どころとなっている。

『クローバーフィールド/HAKAISHA』や、『猿の惑星:新世紀』『猿の惑星:聖戦記』でエモーショナルなドラマを描きSF映画の金字塔に新たな伝説を打ち立てたマット・リーブスが監督・脚本を務め、狂気と感情が爆発する謎解きサスペンス・アクション映画として本作を完成させた。

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

物語は、優しくもミステリアスな青年ブルースが、両親を殺害された社会への復讐を誓い、夜は黒いマスクで素顔を隠し犯罪者を見つけては力でねじ伏せ、悪と敵対する存在の“バットマン”になろうとするところから始まる。ある日、権力者が標的になった連続殺人事件が発生。その犯人を名乗るのは、史上最狂の知能犯リドラー。彼は犯行の際に必ず“なぞなぞ”を残し、警察や世界一優秀な探偵のブルースを挑発する。政府の陰謀、そして自身にまつわる過去の悪事や父親の罪が次々と暴かれ、追い詰められたブルース。彼の心の中で何かが音を立てて壊れ始め…。

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

善と悪の間で揺らぐ人間味あふれる新バットマンを、実力派俳優のロバート・パティンソンが熱演する姿は必見。また、激しいカーアクションなどバットモービルがゴッサムシティを爆走するシーンは、迫力の音響が楽しめるIMAXでの鑑賞がおすすめ!

さらにIMAXならではコントラストの美しさと圧倒的没入感は満足すること間違いなし。マスクに隠された“嘘”をIMAXで暴け!



▶︎IMAX劇場一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で