劇場版「DRAGON BALL」シリーズの最新作が公開! 悟飯&ピッコロが最強の敵に立ち向かう『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』をIMAXで観るべき理由とはーー

最近、テレビやインターネットなどで「IMAX」という言葉をよく目にするかと思います。何となく聞いたことがあるけど、「IMAXって何がすごいんだろう?」「“普通に観る”のとどう違うの?」と疑問を抱いている人も多いはず…。そんな疑問を解消しつつ、「映画をIMAXで観たい!」と思う理由を3つのポイントに分けてご紹介!

▶︎すべての要素にこだわり、世界最高レベルの臨場感を追求したのがIMAX!

IMAX

新しい上映システムの導入が進み、映画をより楽しめる環境が整いつつある昨今の映画業界。IMAXとは、映像やサウンドのクオリティはもちろん、客席の角度やスクリーンからの距離などシアター空間全体を最高レベルに磨き上げた上映システムのこと。IMAXの映像は従来の上映システムに比べて明るさ1.6倍。高性能デジタルプロジェクターを使用しているから、映像が圧倒的に鮮やか。そして床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンは、まさにIMAXの象徴だ。

また、パワフルなサウンドシステムによってピンが落ちる音から火山の爆発音まで、幅広い音をクリアに再現し、腹の底にこたえる感動を生み出している。IMAXはすべての要素にこだわって世界最高レベルの臨場感を追求しているため、他では味わえない映像の美しさや臨場感が体感でき、映画の世界観そのままに、よりリアルな映画体験を楽しむことができる。

つまり、従来の上映より「スクリーンが大きい!」「映像がキレイ!」「音が良い!」のが特徴!IMAXで映画を観たら、今までの映画体験では満足できないかも!?

 ① 視界いっぱいの巨大なスクリーン!
IMAXシアターに入ったら、まずはスクリーンの大きさに注目。床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンはIMAXの特徴のひとつ。視野全体で映画を感じることができる。スクリーンと客席の距離が近く、表面も若干湾曲していることから、観客を映像が包み込み、まるで“映画の世界に入り込んだ”かのような臨場感を味わえる!

 ② 圧倒的な明るさ!
特許を持つ独自の映像処理技術「デジタル・メディア・リマスタリング技術(DMR)」により、映画製作者の眼に映った映像を最大限のクオリティで表現を可能に!上映に際しては最新鋭のプロジェクターを使用!それによって鮮明さと暖かみのバランスがとれ、細部までくっきりと映し出される明るくクリアな映像は、これまでにない圧倒的なリアリティをもたらす。その美しさに、きっとあなたも息をのむはず!

 ③ カラダの芯まで揺さぶる高精度なサウンド!
お腹の底まで響く大音響から肩ごしに聞こえるささやき、さらに人の耳では捉えきれない音域までカバーすることで、微妙なニュアンスも忠実に再現。聴くというより、“全身で感じるようなサウンド”を実現している。カスタムな配置と完璧なチューニングで、実際に“その場にいる”かのような臨場感を生み出し、シアター内の“どこに座っていても”理想的なリスニング環境になるよう設計されているから驚きだ!



▶︎ 鳥山明“渾身”の一作!!体感型バトルアクションエンタテインメント!!!
2022年6月11日(土) 公開 劇場版『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』をIMAXで観るべき理由とは

(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022 ドラゴンボール超」製作委員会

1984年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」で大人気作品として連載され、常にトップを走り続けてきた日本を代表する伝説的漫画「DRAGON BALL」。コミックスは全世界累計2億6000万部と驚異的な記録を叩き出し、連載終了後もなお、テレビアニメ・映画・ゲームなど様々なメディアミックスでファンを魅了し、全世界で桁外れの人気を誇るモンスターコンテンツとなっている。 2015年には原作者の鳥山明原案による新シリーズ「ドラゴンボール超」がスタートし、映画では2013年に17年ぶりの劇場版シリーズが復活して立て続けに大ヒットを連発。前作『ドラゴンボール超 ブロリー』は、全世界興行収入135億円超えとなる「ドラゴンボール」史上最大のヒットを記録した。常に高みを目指し進化し続けてきた「DRAGON BALL」が、新たに映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』として2022年6月11日(土)に公開される。IMAXの大スクリーンとともに実現する圧倒的な臨場感が、原作者の鳥山明も唸る映像クオリティをさらなる高みへと導く。

(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022 ドラゴンボール超」製作委員会

物語は、かつて孫悟空により壊滅した悪の組織〈レッドリボン軍〉の意思を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間・ガンマ1号、2号を生む出すところから始まる。彼らは自らを「スーパーヒーロー」と名乗り、穏やかな日々を送る、悟空の息子である孫悟飯たちに襲いかかり、人類の存亡をかけた死闘の幕があがることに…。

解禁されているビジュアルは、悟飯やピッコロ、悟空に加え、悟天やトランクス、クリリン、ブルマ、ベジータなどの姿が描かれており、スーパーヒーローが総集結していることがわかる。

(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022 ドラゴンボール超」製作委員会

注目なのは、強敵を前に世界を救うため、秘められた能力をピッコロが解放する姿!孫悟飯&ピッコロvs人造人間ガンマ1号&ガンマ2号のバトルシーンは、新たな脅威を前に子弟の絆を中心に描かれ、超戦士たちによる想像を絶するバトルが繰り広げられる!IMAXならではの明るく鮮明な映像とパワフルで高音質な音響は、躍動感とともに緊張感をも感じさせる映画体験が期待できる。キャラクターの息遣いを間近で感じられ、まるで映画の中に入りこんだようなリアルな臨場感が味わえ、その迫力から片時も目が離せない。さらに、佐藤直紀の劇伴に乗せて声優キャスト陣も熱いバトルに応えるが如く熱演…。まさに見どころが満載だ。映画を鑑賞する理想的な環境が整ったIMAX。きっと新たな伝説を目撃できる事だろう。

果たして死闘の行方は!? 地球の運命は!?

鳥山明が感動したと語る最高密度の映像クオリティで描かれる、体感型バトルアクションエンタテインメント『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』を、世界で最もプレミアムな映画体験ができるIMAXで体感せよ!



▶︎IMAX劇場一覧

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で