「トイ・ストーリー」シリーズのディズニー&ピクサーが贈る最新作!世界中から愛される“おもちゃ”バズ・ライトイヤーのルーツが明かされる『バズ・ライトイヤー』をIMAXで観るべき理由とはーー

最近、テレビやインターネットなどで「IMAX」という言葉をよく目にするかと思います。何となく聞いたことがあるけど、「IMAXって何がすごいんだろう?」「“普通に観る”のとどう違うの?」と疑問を抱いている人も多いはず…。そんな疑問を解消しつつ、「映画をIMAXで観たい!」と思う理由を3つのポイントに分けてご紹介!

▶︎すべての要素にこだわり、世界最高レベルの臨場感を追求したのがIMAX!

IMAX

新しい上映システムの導入が進み、映画をより楽しめる環境が整いつつある昨今の映画業界。IMAXとは、映像やサウンドのクオリティはもちろん、客席の角度やスクリーンからの距離などシアター空間全体を最高レベルに磨き上げた上映システムのこと。IMAXの映像は従来の上映システムに比べて明るさ1.6倍。高性能デジタルプロジェクターを使用しているから、映像が圧倒的に鮮やか。そして床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンは、まさにIMAXの象徴だ。

また、パワフルなサウンドシステムによってピンが落ちる音から火山の爆発音まで、幅広い音をクリアに再現し、腹の底にこたえる感動を生み出している。IMAXはすべての要素にこだわって世界最高レベルの臨場感を追求しているため、他では味わえない映像の美しさや臨場感が体感でき、映画の世界観そのままに、よりリアルな映画体験を楽しむことができる。

つまり、従来の上映より「スクリーンが大きい!」「映像がキレイ!」「音が良い!」のが特徴!IMAXで映画を観たら、今までの映画体験では満足できないかも!?

 ① 視界いっぱいの巨大なスクリーン!
IMAXシアターに入ったら、まずはスクリーンの大きさに注目。床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンはIMAXの特徴のひとつ。視野全体で映画を感じることができる。スクリーンと客席の距離が近く、表面も若干湾曲していることから、観客を映像が包み込み、まるで“映画の世界に入り込んだ”かのような臨場感を味わえる!

 ② 圧倒的な明るさ!
特許を持つ独自の映像処理技術「デジタル・メディア・リマスタリング技術(DMR)」により、映画製作者の眼に映った映像を最大限のクオリティで表現を可能に!上映に際しては最新鋭のプロジェクターを使用!それによって鮮明さと暖かみのバランスがとれ、細部までくっきりと映し出される明るくクリアな映像は、これまでにない圧倒的なリアリティをもたらす。その美しさに、きっとあなたも息をのむはず!

 ③ カラダの芯まで揺さぶる高精度なサウンド!
お腹の底まで響く大音響から肩ごしに聞こえるささやき、さらに人の耳では捉えきれない音域までカバーすることで、微妙なニュアンスも忠実に再現。聴くというより、“全身で感じるようなサウンド”を実現している。カスタムな配置と完璧なチューニングで、実際に“その場にいる”かのような臨場感を生み出し、シアター内の“どこに座っていても”理想的なリスニング環境になるよう設計されているから驚きだ!



▶︎ 「トイ・ストーリー」シリーズのディズニー&ピクサーが贈る最新作!
2022年7月1日(金)  公開 劇場版『バズ・ライトイヤー』をIMAXで観るべき理由とは

(C)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ピクサー・アニメーション・スタジオの第1作目にして、世界で初の長編フルCGデジタルアニメーションとして誕生した『トイ・ストーリー』。世界中が涙した続編の『トイ・ストーリー3』、 そして米批評家から「3つの続編の中で最も素晴らしい」など大絶賛の嵐となった『トイ・ストーリー4』はともに日本でも興行収入100億円を超える大ヒットを記録した。そんな世界中の観客を感動の渦で包み込んできたディズニー&ピクサーの大傑作『トイ・ストーリー』シリーズの最新作で描かれるのは、バズ・ライトイヤーのオリジン・ストーリー。誰よりも仲間想いで世界中から愛される“おもちゃ”バズの知られざるルーツを描く『バズ・ライトイヤー』が7月1日(金)に日本公開される。

(C)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

「トイ・ストーリー」シリーズに登場するアンディ少年のお気に入りの“おもちゃ”バズ・ライトイヤーは、実は彼の人生を変えるほど夢中になった大好きな映画の主人公であり、本作はその<映画>の物語である。映画の冒頭、スペース・レンジャーとして有能な自分の力を過信したバズは、1200人もの乗組員と共に危険な惑星に不時着してしまう。その後、地球に帰還するため、バズは友だちである猫型ロボットのソックスと共に不可能なミッションに挑むが、その行く手には、ずっと孤独だったバズの人生を変えるイジーや個性豊かな仲間たちと、思いもよらぬ“敵”が待ち受けていた──というストーリー展開で、観客をワクワク満載の驚きの世界へと誘う。

(C)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

本作で“スペース・レンジャー” バズ・ライトイヤーの声を演じるのは「アベンジャーズ」シリーズのキャプテン・アメリカ役でもおなじみのクリス・エヴァンス。監督は『ファインディング・ドリー』でアンドリュー・スタントンと共に共同監督を務め、「トイ・ストーリー」シリーズの短編『ニセものバズがやって来た』で監督を、『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』では脚本と監督を務めるなどキャラクターを熟知したアンガス・マクレーン。日本語吹替え版ではバズ・ライトイヤー役を鈴木亮平、バズが出会う仲間・イジー役を今田美桜、キュートで万能な友だちの猫型ロボット・ソックス役をかまいたちの山内健司、バズにとって大切な存在であるアリーシャ役をりょうが演じるなど豪華キャストが集結している。

(C)2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

また、本作はIMAX画角を含む初めてのピクサー作品となっており、IMAXシアターでのみ通常スクリーンと比べて最大26%増の映像世界を楽しむことができる(一部劇場によっては“最大40%増の映像世界”となる)。大きなスクリーンいっぱいに広がる近未来的な惑星で、バズと仲間たちが不可能なミッションに挑むシーンはまるでアトラクションを体験しているかのような臨場感を味わえること間違いなし!

「トイ・ストーリー」で誰よりも仲間思いのキャラクターとして知られるバズ・ライトイヤーの、知られざるルーツを描く感動のファンタジー・アドベンチャー映画『バズ・ライトイヤー』をIMAXで体感せよ!



▶︎IMAX劇場一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で