『ボヘミアン・ラプソディ』以来の音楽体験!人気絶頂で謎の死を遂げたスーパースター、エルヴィス・プレスリーの物語を完全映画化。『エルヴィス』をIMAXで観るべき理由とはーー

最近、テレビやインターネットなどで「IMAX」という言葉をよく目にするかと思います。何となく聞いたことがあるけど、「IMAXって何がすごいんだろう?」「“普通に観る”のとどう違うの?」と疑問を抱いている人も多いはず…。そんな疑問を解消しつつ、「映画をIMAXで観たい!」と思う理由を3つのポイントに分けてご紹介!

▶︎すべての要素にこだわり、世界最高レベルの臨場感を追求したのがIMAX!

IMAX

新しい上映システムの導入が進み、映画をより楽しめる環境が整いつつある昨今の映画業界。IMAXとは、映像やサウンドのクオリティはもちろん、客席の角度やスクリーンからの距離などシアター空間全体を最高レベルに磨き上げた上映システムのこと。IMAXの映像は従来の上映システムに比べて明るさ1.6倍。高性能デジタルプロジェクターを使用しているから、映像が圧倒的に鮮やか。そして床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンは、まさにIMAXの象徴だ。

また、パワフルなサウンドシステムによってピンが落ちる音から火山の爆発音まで、幅広い音をクリアに再現し、腹の底にこたえる感動を生み出している。IMAXはすべての要素にこだわって世界最高レベルの臨場感を追求しているため、他では味わえない映像の美しさや臨場感が体感でき、映画の世界観そのままに、よりリアルな映画体験を楽しむことができる。

つまり、従来の上映より「スクリーンが大きい!」「映像がキレイ!」「音が良い!」のが特徴!IMAXで映画を観たら、今までの映画体験では満足できないかも!?

 ① 視界いっぱいの巨大なスクリーン!
IMAXシアターに入ったら、まずはスクリーンの大きさに注目。床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンはIMAXの特徴のひとつ。視野全体で映画を感じることができる。スクリーンと客席の距離が近く、表面も若干湾曲していることから、観客を映像が包み込み、まるで“映画の世界に入り込んだ”かのような臨場感を味わえる!

 ② 圧倒的な明るさ!
特許を持つ独自の映像処理技術「デジタル・メディア・リマスタリング技術(DMR)」により、映画製作者の眼に映った映像を最大限のクオリティで表現を可能に!上映に際しては最新鋭のプロジェクターを使用!それによって鮮明さと暖かみのバランスがとれ、細部までくっきりと映し出される明るくクリアな映像は、これまでにない圧倒的なリアリティをもたらす。その美しさに、きっとあなたも息をのむはず!

 ③ カラダの芯まで揺さぶる高精度なサウンド!
お腹の底まで響く大音響から肩ごしに聞こえるささやき、さらに人の耳では捉えきれない音域までカバーすることで、微妙なニュアンスも忠実に再現。聴くというより、“全身で感じるようなサウンド”を実現している。カスタムな配置と完璧なチューニングで、実際に“その場にいる”かのような臨場感を生み出し、シアター内の“どこに座っていても”理想的なリスニング環境になるよう設計されているから驚きだ!



▶︎ まるで本物のライブシーンを目の前で見ているかのような臨場感!!
2022年7月1日(金) 公開 公開 劇場版『エルヴィス』をIMAXで観るべき理由とは

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

世界史上最も売れたソロアーティスト、エルヴィス・プレスリー。彼がいなければ、ビートルズもクイーンも存在しなかったと言われている。そんなエルヴィスの<誰も知らなかった>真実の物語を、『ムーラン・ルージュ』『華麗なるギャツビー』のバズ・ラーマン監督が完全映画化。7月1日(金)より公開の『エルヴィス』は、数々の逆境を打ち破りながら世界を変えていくエルヴィスの生き様が、多くの伝説的なライブとともに描かれる本年度最注目のミュージック・エンターテインメントムービーとなっている。

無名の歌手だった若き日から時代を背負うアイコンになるまでのエルヴィス役に大抜擢されたのは、イケメン俳優のオースティン・バトラー。本作ではほぼ全編に渡り吹き替えなしで歌唱とダンスのシーンに挑み、バズ・ラーマン監督から「エルヴィスそのもの」と称賛されるほど圧倒的なパフォーマンスを披露している。 オースティン・バトラーは「エルヴィスのレコーディングか、僕のレコーディングかわからないようにまったく同じ歌声をやってみせることを目標にした」と語り、ボイストレ―ナーなど多くの専門家から一年以上に渡って週6日以上の猛特訓を受けている。『ボヘミアン・ラプソディ』で主演のラミ・マレックの役作りも支えたポリー・ベネットがムーブメントコーチから徹底的にエルヴィスの細かい所作を叩き込まれたオースティンは、最終的には「自然に自分の一部になった」と語る。

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

若き日のエルヴィスの才能をいち早く見つけ、生涯にわたり彼のマネージャーを務めた悪名高いトム・パーカーを演じるのは名優トム・ハンクス。見た目も実在のトム似せ、これまでの彼のキャリアになかったような役柄で本作に深身を与えている。

物語は、若き日のエルヴィスがルイジアナの小さなライブに出演し、当時はまだ誰も聴いたことのなかった“ロック”とセンセーショナルなダンスを披露するところから始まる。若者たちは彼の姿に熱狂し、魅了されていく。やせっぽちの無名歌手だったエルヴィスはたちまちスーパースターとなるが、まだ保守的な価値観しか受け入れられなかった時代にブラックカルチャーをいち早く取り入れたパフォーマンスをしたことにより世間の非難を一身に浴びてしまう。そんななか、故郷メンフィスでのライブを控えたエルヴィスは、警察からライブを監視され、強欲マネージャーのトム・パーカーからは「指一本でも動かせば逮捕だ…」と告げられ…。

© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

劇中にはエルヴィスの代表曲のひとつでもある「監獄ロック」の熱狂的ライブシーンが登場。腰を小刻みに揺らし、つま先立ちをする独特でセクシーなダンスと、禁断の音楽“ロック”を熱唱するエルヴィスに大興奮する女性客たちの姿に注目だ。なお本作はIMAXでの鑑賞を強くおすすめする。理由は、IMAXの巨大スクリーン&高音質サウンドによって、観客はまるで本物のエルヴィスの圧巻のライブシーンを目の前で見ているかのような臨場感溢れる映画体験ができるからだ。

ロックを創り世界を変えたエルヴィス・プレスリーの生き様が、数々の伝説的なライブとともに描かれるスペシャルな音楽映画『エルヴィス』をIMAXで体感せよ!

 



▶︎IMAX劇場一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で