ゲームオーバーが死に直結するデスゲームの原点を描いたシリーズ待望の続編『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』をIMAXで観るべき理由とは――

最近、テレビやインターネットなどで「IMAX」という言葉をよく目にするかと思います。何となく聞いたことがあるけど、「IMAXって何がすごいんだろう?」「“普通に観る”のとどう違うの?」と疑問を抱いている人も多いはず…。そんな疑問を解消しつつ、「映画をIMAXで観たい!」と思う理由を3つのポイントに分けてご紹介!

▶︎すべての要素にこだわり、世界最高レベルの臨場感を追求したのがIMAX!

IMAX

新しい上映システムの導入が進み、映画をより楽しめる環境が整いつつある昨今の映画業界。IMAXとは、映像やサウンドのクオリティはもちろん、客席の角度やスクリーンからの距離などシアター空間全体を最高レベルに磨き上げた上映システムのこと。IMAXの映像は従来の上映システムに比べて明るさ1.6倍。高性能デジタルプロジェクターを使用しているから、映像が圧倒的に鮮やか。そして床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンは、まさにIMAXの象徴だ。

また、パワフルなサウンドシステムによってピンが落ちる音から火山の爆発音まで、幅広い音をクリアに再現し、腹の底にこたえる感動を生み出している。IMAXはすべての要素にこだわって世界最高レベルの臨場感を追求しているため、他では味わえない映像の美しさや臨場感が体感でき、映画の世界観そのままに、よりリアルな映画体験を楽しむことができる。

つまり、従来の上映より「スクリーンが大きい!」「映像がキレイ!」「音が良い!」のが特徴!IMAXで映画を観たら、今までの映画体験では満足できないかも!?

 ① 視界いっぱいの巨大なスクリーン!
IMAXシアターに入ったら、まずはスクリーンの大きさに注目。床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンはIMAXの特徴のひとつ。視野全体で映画を感じることができる。スクリーンと客席の距離が近く、表面も若干湾曲していることから、観客を映像が包み込み、まるで“映画の世界に入り込んだ”かのような臨場感を味わえる!

 ② 圧倒的な明るさ!
特許を持つ独自の映像処理技術「デジタル・メディア・リマスタリング技術(DMR)」により、映画製作者の眼に映った映像を最大限のクオリティで表現を可能に!上映に際しては最新鋭のプロジェクターを使用!それによって鮮明さと暖かみのバランスがとれ、細部までくっきりと映し出される明るくクリアな映像は、これまでにない圧倒的なリアリティをもたらす。その美しさに、きっとあなたも息をのむはず!

 ③ カラダの芯まで揺さぶる高精度なサウンド!
お腹の底まで響く大音響から肩ごしに聞こえるささやき、さらに人の耳では捉えきれない音域までカバーすることで、微妙なニュアンスも忠実に再現。聴くというより、“全身で感じるようなサウンド”を実現している。カスタムな配置と完璧なチューニングで、実際に“その場にいる”かのような臨場感を生み出し、シアター内の“どこに座っていても”理想的なリスニング環境になるよう設計されているから驚きだ!



▶︎ アスナとキリトに迫りくる脅威を公開日前日のIMAX独占先行上映でいち早く体感せよ!
劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』をIMAXで体感せよ。2022年10月22日(土) 公開

©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

ゲームオーバーが現実世界での死に直結するデスゲームを描き、「第15回電撃小説大賞」で大賞を受賞した川原礫のライトノベルを原作としたアニメーションシリーズ『ソードアート・オンライン』の原点をたどる、「プログレッシブ」シリーズの続編『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』が、IMAXにて10月21日(金)より全国にて独占先行上映される。当初の公開日だった9月10日からおよそ40日あまり。そのお披露目の瞬間を、今か今かと指折り数えて待ちわびるファンも多いことだろう。高鳴る胸を抑えきれぬ人に、公開日前日のIMAX独占先行上映でいち早く浴びることをオススメしたい。

『ソードアート・オンライン』は、次世代VRMMORPG《ソードアート・オンライン(SAO)》を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた物語。2009年4月の原作小説第1巻発売以来高い人気を誇り、2022年現在、全世界での累計発行部数は3000万部を突破。TVアニメは2012年に第1期が放送され、現在まで続く4シリーズ(全97話)に加え、2017年には『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』も公開され話題に。アニメのみならず、ゲームやコミカライズなど、幅広いメディアミックス展開がなされてきた超人気作品だ。

©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

一方『プログレッシブ』は《SAO》の物語の始まりを描き、アインクラッド第1層からの軌跡を深く掘り下げていく作者自身によるリブート・シリーズとなり、2021年、その『プログレッシブ』を原作とした完全新作アニメーション映画シリーズが始動。物語をキリトからヒロインのアスナへ視点を変えて再構築し、新たな《アインクラッド》編を描いた第1弾映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』は、週末興行収入ランキングで初登場第1位を記録。全都道府県で10週間にわたるロングランヒットとなった。

アニメ放送開始から10年目という節目であり、作品内のゲーム《SAO》の正式サービス開始の年でもある2022年、その続編にあたる『冥き夕闇のスケルツォ』がついに開幕。キャストはアニメシリーズ同様アスナを戸松遥、キリトを松岡禎丞、アルゴを井澤詩織が務める。

©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project


<あらすじ>

世界初のVRMMORPG《ソードアート・オンライン》がデスゲームと化し、1万人のユーザーがゲームの世界に閉じ込められてから、既にひと月以上が過ぎていた。鋼鉄の浮遊城《アインクラッド》第1層を攻略したアスナは、キリトとコンビを組んだまま、最上階を目指し旅を続けていた。女情報屋アルゴの協力も加わり、攻略は順調に進んでいるかのように見えたが……。攻略を先導するトッププレイヤー集団、《ALS》(アインクラッド解放隊)と《DKB》(ドラゴンナイツブリゲード)。本来は共闘すべき2大ギルドの対立が勃発する――。その陰には、暗躍する謎の人物の姿が。死と隣合わせの危険な戦いのなか、《攻略》とはまた異なる《脅威》が、アスナとキリトを巻き込んでいく――。

本作で描かれるのはTVシリーズでも描かれていない浮遊城≪アインクラッド≫第5層の物語。すでに公開されている予告映像内でも、ゲーム攻略そっちのけでPK(プレーヤーキル)にのめり込んでいる集団の姿や、アスナに武器を向ける何者かの姿。フーデッドマントを被った男の姿など、《攻略》とは違う要素が随所にちりばめられており、既にスリルと興奮でワクワクさせられる。キリトとアスナが、アルゴやエギルらと力を合わせてボスに立ち向かうも、キリトがベータテスト時に見たボスモンスターとは異なり――。果たして、キリトとアスナたちは第5層をクリアできるのか!?そして前作から参戦したミトの行方は……?襲い掛かってくる敵の正体やその目的を、しかとIMAXの大画面で見届けて欲しい。

巨大なスクリーンに映し出される圧巻の映像美と、ゲームオーバーが現実の死に直結するデスゲームで躍動する、キャラクターたちが繰り広げる圧倒的バトルアクションの数々!手に汗握る音響の臨場感と共に本作の魅力が最大限に発揮されるIMAX上映で、アスナとキリトに迫りくる脅威をスクリーンで体感せよ!

 



▶︎IMAX劇場一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で