『バーフバリ』シリーズのS.S.ラージャマウリ監督最新作。全世界に歓喜と熱狂を巻き起こす、超ド級アクションエンターテインメント映画『RRR』をIMAXで観るべき理由とは――

最近、テレビやインターネットなどで「IMAX」という言葉をよく目にするかと思います。何となく聞いたことがあるけど、「IMAXって何がすごいんだろう?」「“普通に観る”のとどう違うの?」と疑問を抱いている人も多いはず…。そんな疑問を解消しつつ、「映画をIMAXで観たい!」と思う理由を3つのポイントに分けてご紹介!

▶︎すべての要素にこだわり、世界最高レベルの臨場感を追求したのがIMAX!

IMAX

新しい上映システムの導入が進み、映画をより楽しめる環境が整いつつある昨今の映画業界。IMAXとは、映像やサウンドのクオリティはもちろん、客席の角度やスクリーンからの距離などシアター空間全体を最高レベルに磨き上げた上映システムのこと。IMAXの映像は従来の上映システムに比べて明るさ1.6倍。高性能デジタルプロジェクターを使用しているから、映像が圧倒的に鮮やか。そして床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンは、まさにIMAXの象徴だ。

また、パワフルなサウンドシステムによってピンが落ちる音から火山の爆発音まで、幅広い音をクリアに再現し、腹の底にこたえる感動を生み出している。IMAXはすべての要素にこだわって世界最高レベルの臨場感を追求しているため、他では味わえない映像の美しさや臨場感が体感でき、映画の世界観そのままに、よりリアルな映画体験を楽しむことができる。

つまり、従来の上映より「スクリーンが大きい!」「映像がキレイ!」「音が良い!」のが特徴!IMAXで映画を観たら、今までの映画体験では満足できないかも!?

 ① 視界いっぱいの巨大なスクリーン!
IMAXシアターに入ったら、まずはスクリーンの大きさに注目。床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンはIMAXの特徴のひとつ。視野全体で映画を感じることができる。スクリーンと客席の距離が近く、表面も若干湾曲していることから、観客を映像が包み込み、まるで“映画の世界に入り込んだ”かのような臨場感を味わえる!

 ② 圧倒的な明るさ!
特許を持つ独自の映像処理技術「デジタル・メディア・リマスタリング技術(DMR)」により、映画製作者の眼に映った映像を最大限のクオリティで表現を可能に!上映に際しては最新鋭のプロジェクターを使用!それによって鮮明さと暖かみのバランスがとれ、細部までくっきりと映し出される明るくクリアな映像は、これまでにない圧倒的なリアリティをもたらす。その美しさに、きっとあなたも息をのむはず!

 ③ カラダの芯まで揺さぶる高精度なサウンド!
お腹の底まで響く大音響から肩ごしに聞こえるささやき、さらに人の耳では捉えきれない音域までカバーすることで、微妙なニュアンスも忠実に再現。聴くというより、“全身で感じるようなサウンド”を実現している。カスタムな配置と完璧なチューニングで、実際に“その場にいる”かのような臨場感を生み出し、シアター内の“どこに座っていても”理想的なリスニング環境になるよう設計されているから驚きだ!



▶︎ 身体中の全細胞が湧き立つ史上最高濃度のエンタメを、IMAXで見逃すな!!
RRR』をIMAXで体感せよ。2022年10月21日(金) 公開

©2021 DVV ENTERTAINMENTS LLP.ALL RIGHTS RESERVED.

本国インドで公開されるや否や爆発的な大ヒットとなり、本年度インド映画世界興行収入No.1の座を獲得。世界でもオープニング興収5400万ドル(約74億円)を叩き出し、北米では公開当時、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、『アンチャーテッド』など、ハリウッドのメジャー大作を超える快挙を達成。さらには『アベンジャーズ/エンドゲーム』を手掛けたルッソ兄弟をはじめ、MARVELシリーズの監督ら、映画界を代表する名匠たちも大絶賛。そんな超絶怒涛のスピードで全世界に歓喜と熱狂を巻き起こした超話題作『RRR』が、満を持して日本にも上陸。IMAX上映版も10月21日(金)に同時公開される。

メガホンを取るのは、日本でも2年以上にも及ぶロングランを記録した『バーフバリ』シリーズの生みの親・S.S.ラージャマウリ。「Rise(蜂起)」「 Roar(咆哮)」「 Revolt(反乱)」の頭文字に由来する最新作『RRR』は、インド映画史上最高制作費7200万ドル(97億円)を掛けて制作されており、その名の通り、世界中の観客を「奮い立たせ」「熱狂させ」、現在進行形で全世界のエンターテインメント史に「革命」を起こしている、前代未聞の超大作だ。

©2021 DVV ENTERTAINMENTS LLP.ALL RIGHTS RESERVED.

“ラージャマウリ節”全開の豪華絢爛なスケール感満載の映像と、他に類を見ない超絶アクションの数々。さらには興奮必至の怒涛のストーリー展開で、観るもの全てを熱狂の嵐へといざなう全人類体感必須のアクションエンターテインメント『RRR』こそ、巨大スクリーンと最良の音響が体感できるIMAX上映にうってつけの1本と言って間違いない!

本作の舞台となるのは、1920年、英国植民地時代のインド。イギリスの総督に連れ去られた村の少女を救い出す使命を背負った、野性を秘めた誇り高きゴーンド族の戦士・ビーム(N・T・ラーマ・ラオ・Jr./通称NTR.Jr)と、英国政府に忠誠を誓う警察官で“内なる怒りを燃やす男”ラーマ(ラーム・チャラン)。敵対する立場の2人は互いの素性を知らぬまま唯一無二の親友となっていくのだが――。インド激動の時代で、彼らが選ぶのは友情か? それとも使命か――?

©2021 DVV ENTERTAINMENTS LLP.ALL RIGHTS RESERVED.

互いの身体にロープを括り付けて馬とバイクにまたがり、橋の両サイドから燃え盛る川へとダブルバンジーを行い、少年を見事救い出したビームとラーマが、ガッチリと手と手を取り合う姿や、大自然のなかでの野生のトラとの死闘。さらには豪華絢爛な宮殿での肉弾戦etc.……。男たちの出会いと共闘、そして鋼のように結びついた絆を、「臨場感たっぷりのド迫力のIMAXで観届けずにどうする!!」と感じるのは、きっと筆者だけではないはずだ。

想像を絶するアイデアを「これでもか!」と言わんばかりにふんだんに詰め込み、もはや「全編が見せ場の連続」という程の高密度で、家族、誇り、そして一国の未来をも背負った男たちの友情と壮絶な戦いを描いた『RRR』には、かつて映画館が「娯楽の殿堂」と呼ばれていた時代のことを、心の底から思い知らされるに違いない。殊IMAX上映が行われる劇場においては、配信では絶対に味わえない至極の映画体験が待ち受けていることを約束したい。

日頃のストレスや鬱憤を吹き飛ばすほどの驚愕と興奮で、観れば明日を生き抜く勇気が湧いてくる――。そんな、究極のエナジーチャージ・アクションエンターテインメントムービー『RRR』。身体中の全細胞が湧き立つ史上最高濃度のエンタメを、IMAXで見逃すな!!

 



▶︎IMAX劇場一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で