映画『家族はつらいよ』妻夫木聡、山田洋次監督の要望にタジタジ「ショパンはつらい!」

山田洋次監督待望の喜劇映画『家族はつらいよ』完成報告会見&完成披露試写会が19日、都内にて行われた。この日、山田洋次監督をはじめ、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、中嶋朋子、林家正蔵(会見のみ)、妻夫木聡、蒼井優ら豪華キャストが集結した。

DSC_0688

2013年に公開された山田洋次監督作『東京家族』の家族8人が主役の本作。一家に突然降りかかる、結婚50年を迎えようとする夫婦の“熟年離婚”の危機を、家族で解決していくドタバタ騒動を描く。

DSC_0715

「久しぶりに家族のみなさんにお会い出来て、とても幸せな気分です。きっと大笑いして観てくれると思います」とあいさつした山田監督。「『東京家族』で、キャストの皆さんが楽しいアンサンブルを演じてくださった。それを崩しちゃ行けないと思い、喜劇を作ってみました」と制作の経緯を明かした。

DSC_0724

本作にちなみ“○○はつらいよ”なエピソードを聞かれた橋爪は「監督の作品は本当に等身大な人間が多いので、誇張した芝居はできない。ずーっと現場に緊張感があって、監督が来るまで『今日はなに言われるんだろう』とか考えてる時間がつらかったですね」と吐露。山田監督は「(芝居を)やりすぎてもらっては困る」と威厳をみせて笑いを誘った。

DSC_0755

また、劇中でショパン(ピアノ)を弾く妻夫木は「ショパンはつらいですね!ピアノの経験も一切ありませんし、急に役柄を“調律師”に監督が変更されたので『まず“調律師”ってなんだ?』ってとこから始まり、その勉強をして、ピアノの練習をして…ほんとにつらかったですね」と告白。山田監督は「立派なもんですよ!ほんとに上手かった」と拍手を送った。

DSC_0767

会見では、妻夫木扮する次男・平田庄太の恋人・間宮憲子を演じる蒼井は「『東京家族』の撮影の合間に、みんなで『崩壊家族』『脱線家族』とか名前を付けて、別のストーリーを妄想していたのが、『家族はつらいよ』のスタートでした」と当時の裏話を明かし、「あの時笑いながら話していたことが、こうして映画になって嬉しいですね」とにっこり。山田監督も「本当は原案・蒼井優にしなきゃいけないんだけど」と笑いをとった。

 

映画『家族はつらいよ』は3月12日(土)より全国ロードショー

【CREDIT】

監督・脚本:山田洋次

出演:橋爪功/吉行和子/西村雅彦/夏川結衣/中嶋朋子/林家正蔵/妻夫木聡/蒼井優/小林稔侍/風吹ジュン/中村鷹之資/丸山歩夢/笹野高史/笑福亭鶴瓶(特別出演)

配給:松竹  公式HP:http://kazoku-tsuraiyo.jp

©2016「家族はつらいよ」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で