『エヴェレスト 神々の山嶺』阿部寛、「一日でいいから岡田准一になりたい」と願望告白

映画『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』完成披露試写会が4日、都内・TOKYO DOME CITY HALLにて行われた。この日、主演の岡田准一をはじめ、阿部寛、尾野真千子、佐々木蔵之介、ピエール瀧、甲本雅裕、風間俊介、本作のメガホンを取った平山秀幸監督ら豪華キャストが出席した。

DSC_0342.JPG600

実際に現地・ネパールのエヴェレストに飛び、標高5200M級の世界最高峰の地で撮影を敢行した本作。野心家カメラマン・深町を演じた岡田は「どこも危険で苦しさはあった。僕は阿部さんや尾野さんの先に歩いていたので、弱ってるところを見せられないプレッシャーがあった」と過酷な撮影を振り返った。また、「現地で朝と夜に健康管理のため血中酸素を計っていた」といい「ちょっとずるして呼吸をいっぱい吸ったりして(検査で)嘘ついてた。ほんとは苦しいのに、嘘ついて平気な振りをして(ドクターに)『岡田さんタフですね』って言われました」と裏話を暴露。

DSC_0365

岡田が血中酸素をごまかしていたことを初めて知った阿部だが「実は僕もやってました(笑)やっぱり不屈のクライマーという役なので、負けられない」と競争心をみせ、「実際マンション一つ分くらいの石が不自然な状態で止まっていたり、集団の中にいると気にならないだけであって、一人になると雪崩の音とか聞こえてくる。自分たちが足を踏み入れちゃ行けない世界なんだと感じましたね」と危険を感じたエピソードを明かした。

DSC_0350

一方、日本での撮影から参加した佐々木は「たくましいんですよ!阿部さんはほとんどヒゲで顔がわからないくらい山男になってましたね。本編観て『あんな過酷なことをやったらそうなるわ!』ってくらいの過酷さを感じました」と圧倒された様子。ピエールも「皆さん達観した表情で帰ってきて、“ヤバさの国士無双”のような状況を乗り越えてきたのを感じました。なんだろう、深海1000メートルに、海パン一丁で行くような感じなのかな」と笑いを交えて絶賛した。

DSC_0375

イベントでは、本作にちなみ「人生で挑戦したいこと」を聞かれたキャスト陣。岡田は「皆さんと一緒にエヴェレストに登りたいですね」と明かすも、佐々木は「ちょっとそれは…」と苦笑い。続けて阿部は「一日でもいいから岡田准一になってみたい。ずっと彼の背中を登っていて、ほんとに強くておぶさりたいくらい頼りがいがある。写真も上手いし、一度この精神になってみたい」と願望を明かした。

全世界で翻訳され、映像化不可能とされてきた夢枕獏の大ベストセラー山岳小説『神々の山嶺』を映画化した本作。1924年にイギリスの登山家ジョージ・マロリーが初登頂時に遺したとされる、エヴェレストの謎を解く可能性を秘めた古いカメラをきっかけに、野心家カメラマン・深町と天才クライマー・羽生が世界最高峰の頂きを目指す。

 

映画『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』は3月12日より全国ロードショー

原作:夢枕獏「神々の山嶺」(角川文庫・集英社文庫)

監督:平山秀幸   脚本:加藤正人   音楽:加古隆

出演:岡田准一/阿部寛/尾野真千子/ピエール瀧/甲本雅裕/風間俊介/テインレィ・ロンドゥップ/佐々木蔵之介 他

配給:東宝/アスミック・エース

公式サイト:http://everest-movie.jp

©2016『エヴェレスト 神々の山嶺』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で