『あやしい彼女』多部未華子、要潤に歌声褒められ赤面!「天性の歌声ってあるんだなと」

映画『あやしい彼女』完成披露試写会が22日、都内・丸の内ピカデリーにて行われた。この日、主演の多部未華子をはじめ、倍賞美津子、要潤、北村匠海、志賀廣太郎、小林聡美ら豪華キャストが出席した。

DSC_0011.JPG600

本作は、毒舌・皮肉屋・頑固の三拍子が揃う73歳のおばあちゃんが、ある日突然、20歳の姿に若返ってしまったことをきっかけに巻き起こる感動コメディ。監督は『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』などのコメディ映画のヒット作で知られる水田伸生が務める。

DSC_0889.JPG600

73歳のおばあちゃんから20歳に若返る主人公・大島節子を演じる多部は「同一人物なので、同じシーンはないんですが、倍賞さんがたくさん声をかけてくださって、私が人見知りな者で…」と細々と語ると、要が「声が小さいよ」とツッコミ、多部の緊張を和らげていた。また、多部と二人一役・73歳のおばあちゃん・瀬山カツ役の倍賞は「同じ人物でもまったく違うんですよね。でも『(多部と)心だけは通じていようね』と話してましたね」と笑顔をみせた。

DSC_0932.JPG600

新人アーティストを探す音楽プロデューサー・小林拓人役の要は、多部の歌声に「天性の歌声ってあるんだなと。思わず膝から崩れ落ちそうになったけど、そういうシーンではなかったので耐えました」と絶賛。すると多部は「ちょっと!」と照れ笑いをみせた。また、志賀も「僕も聞いたときに、『なんていいんだろう』って役を忘れて聞き入ってました」と惚れ惚れした様子。

舞台挨拶では、誰もが一度は夢見る壮大なリセット劇である本作にちなみ、キャストの秘密を暴く2択質問が。『もし若返ることが出来るなら?』と聞かれた多部は「若返りたくないですね。特に(過去に)後悔はないですね」とにっこり。一方、要は「別に後悔はないんですが、撮影がすごく楽しかったので、クランクインした頃に戻りたいですね」とコメントし、会場から拍手を浴びていた。

DSC_0021.JPG600

続けて『付き合うなら頼れる年上?守って上げたい年下?』という質問が。多部は「頼れるところが一番男性には必要かな。要さん演じる小林がとても素敵な男性でした」と明かし、「要さんとの共演は2回目なんですが、『こんなにイケメンだったっけ!?』って思うくらい、びっくりするくらい素敵な“役柄”でした」と褒めちぎるも、要は「“役”の話ね!びっくりしました…」とツッコミ、笑いをとった。また『年齢にギャップがあるか、年相応か』という質問に、要は「僕は年なりに生きてるつもりなんですが、同年代の友達とかはスキーとか行ったりするんですよ。けど僕は家で緑茶とか飲みますし、こたつでみかん食べたり、時代劇観たりする方が好きなので、ちょっとリタイア感はあるかも」と意外な一面をみせていた。

映画『あやしい彼女』は4月1日(金)より全国ロードショー

【CREDIT】
監督:水田伸生  脚本:吉澤智子
出演:多部未華子/倍賞美津子/要潤/北村匠海/金井克子/志賀廣太郎/小林聡美
配給:松竹  原作映画:「Miss Granny」(CJ E&M CORPORATION)
公式サイト:http://ayakano.jp

©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で