第2回「 映画館及び映画鑑賞」に関するアンケート調査結果報告


2018年1月16日
ホットモブ・ジャパン株式会社


第2回「映画館及び映画鑑賞」に関するアンケート調査結果報告

映画チケット予約アプリ「映画ランド」を運営するホットモブ・ジャパン株式会社は、「映画館及び映画鑑賞」について、2017年10月19日〜11月30日の期間において、全国の10代〜60代以上の男女を対象にインターネット上で第2回アンケート調査を実施しました。有効回答者数は3,939名でした。

「チケット購入方法」について2016年8月に実施した第1回「映画館及び映画鑑賞」に関するアンケート結果と比較すると、「ネット予約」の割合が約10%増加し全体の5割を超え、窓口購入の割合を上回ったことがわかりました。このことから、今後はチケットの購入についてネット予約が主流となることが予測され、誰でも簡単にネットで購入できるシステムの導入が加速すると考えられます。また、インターネットの情報を参考に観たい映画作品を決めている人が4割以上を占め、インターネットの影響力がテレビを大きく上回っていることがわかりました。このように、“ネット予約の増加”と“インターネットの影響力の拡大”から、今後ネット予約が更に普及することが予測され、映画もしくは映画館の「インターネット上での宣伝」をいかに「ネット予約」の利用に結び付けられるかが、さらに重要になると考えられます。

【調査概要】
1.調査対象:全国の10代〜60代以上の男女
2.調査方法:インターネットアンケート
3.調査期間:2017年10月19日〜11月30日
4.有効回答者数:3,939人
5.回答者の属性:男女別、10代〜60代以上

※調査結果詳細をPDFでご覧になりたい方はコチラをクリック

 

【第2回 映画館及び映画鑑賞に関するアンケート結果詳細】

Q. 映画館で映画鑑賞する際、チケットの購入は、どちらが多いですか?

映画のチケット購入方法について“映画館で映画鑑賞する際、購入方法はどちらが多いか?”と尋ねたところ、「ネット予約」が57.3%を占めた。前回アンケート時(2016年8月)では、ネット予約の利用率が窓口購入の割合に近づきつつあったが、約1年でネット予約が上回る結果となった。

 

Q. 映画館で映画鑑賞する際、チケットを購入するタイミングはいつですか?(複数選択可)

“チケットを購入するタイミングはいつか?”と尋ねたところ、「当日より前(ネット予約)」が41.9%と最も多く、次いで「当日(劇場窓口)」が33.0%を占めた。ネット予約をするうちの3人に2人は、当日より前のタイミングでチケットを購入していると言える。

 

Q. 何を参考に観たい作品を決めますか?

“何を参考に観たい作品を決めていますか?”と尋ねたところ、劇場予告が21.8%と最も多くを占めているが、「SNS」15.6%、「ニュース・情報サイト(アプリ含む)」14.6%、「作品の公式サイト」14.0%と、インターネットを参考にしている割合が合計44.2%を占め、インターネットからの情報が最も影響力を持つということがわかった。

 

Q. 劇場で本編前に流れる予告編について最も当てはまるものを選択してください。

“劇場で本編前に流れる予告編を観るか?”と尋ねたところ、「必ず観る」が61.4%、「間に合えば観る」が37.0%であり、合わせて98%強の人が上映前の予告編を観ていることがわかった。

 

Q. 映画関連グッズを直近1年間で購入(劇場・インターネット含む)しましたか?

“映画関連グッズを直近1年間で購入したか?”と尋ねたところ、過半数以上の56.1%の人が直近1年間に映画関連グッズを購入していることが分かった。

 

Q. 映画のBlu-ray・DVDを直近1年間で購入しましたか?

Q.「はい」と答えた方に質問です、どのような作品を買いますか?(複数選択可)

“映画のBlu-ray・DVDを購入したか?”と尋ねたところ、過半数以上の51.3%の人が直近1年間で映画のBlu-ray・DVDを購入していることが分かった。さらに“どのような作品を購入するか?”を尋ねたところ、劇場で観た作品を購入する割合が一番多く59.6%を占めた。

 

Q. IMAXで観たことがありますか?

“IMAXで観たことがあるかどうか”を尋ねたところ、「観たことがある」人は51.3%と過半数以上を占めた。

 

Q. DolbyAtmosで観たことがありますか?

“Dolby Atmosで観たことがあるかどうか ”を尋ねたところ、「観たことがある」人は31.2%を占めた。

 

Q.Screen Xで観たことがありますか?

“ScreenXで観たことがあるかどうか”を尋ねたところ、「観たことがある」人は8.1%にとどまった。

3つの上映方式についてそれぞれ同じ質問をしたところ、このような結果が得られた。それぞれの日本への本格導入年を比べるとIMAXは2009年、次いでDolby Atmosは2013年、ScreenXは今年2017年となる。このような本格導入年の違いや上映方式として導入されている作品数からこのような結果が得られたことが予測できる。

 

【アンケート回答者データ】

■年齢

■性別

■職業