クエンティン・タランティーノ最新作がカンヌ映画祭へ、コンペ部門出品は10年ぶり3度目

8月30日(金)より公開される、クエンティン・タランティーノ9作目の長編監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』がカンヌ映画祭コンペティション部門に正式出品される。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

この度、5月14日に開幕する第72回カンヌ映画祭コンペティション部門に正式に出品されることが決定。タランティーノは1994年に『パルプ・フィクション』でパルム・ドールを受賞し、2004年には同映画祭の審査員長を務めており、コンペ部門出品は『イングロリアス・バスターズ』(2009)以来10年ぶりの3度目となる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

特に本作はタランティーノからハリウッドへのラブレターと言われており、製作当初からカンヌ映画祭のコンペティションを念頭に入れていたとのことで、今回のコンペへの出品はタランティーノからカンヌへのトリビュートといえるようだ。レッドカーペットには、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビーら豪華スターやタランティーノが登場予定だといい、本年のカンヌ映画祭の中でも目玉になることは間違いなし。そしてタランティーノが25年ぶりに再びパルム・ドール受賞なるか、大いに注目が集まる。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は8月30日(金)より全国公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

--
2019年8月30日 公開
出演
レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット/アル・パチーノ/バート・レイノルズ/マーゴット・ロビー/ルーク・ペリー/ティム・ロス/マイケル・マドセン/カート・ラッセル ほか
監督
クエンティン・タランティーノ