片寄涼太、GENERATIONSメンバーと本編鑑賞 声優初挑戦&主題歌担当『きみと、波にのれたら』完成に喜び

GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太が14日、都内・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『きみと、波にのれたら』完成披露イベントに出席。本編を一緒に鑑賞したGENERATIONS from EXILE TRIBEメンバーからの反応を告白した。

きみと、波にのれたら

イベントには、声優初挑戦となった片寄をはじめ、川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎、湯浅政明監督が登壇。本作の主題歌が、GENERATIONS from EXILE TRIBEの新曲「Brand New Story」であることから、片寄はメンバーと一緒に本編(試写にて)を鑑賞。

片寄は「すごく喜んでいました!このような素敵な作品で曲をたくさんかけていただいて。物語の鍵となる曲にもなっているので『世のため人のためになったな〜』と、メンバーもすごく満足していました。いい仕事したなっていう雰囲気がメンバーの中にありましたね」とハニカミ。

きみと、波にのれたら

「自信のない人の背中をそっと押すような作品」に仕上がっている本作。片寄は「高校生の頃に上京する時、高校の教師である父が『大学なんていつでも行けるから、今やれることをやったほうがいい』と言ってくれて、そこで迷いが吹っ切れて挑戦してみようと思いました。高校の教師である父が言ってはいけないような言葉だと思うんですが(笑)それでも言ってくれて、すごく気が楽になりましたね」と、背中を押してくれた父とのエピソードを披露した。

きみと、波にのれたら


仏・アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門・クリスタル賞(グランプリ)受賞作品『夜明け告げるルーのうた』(17年)、第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞受賞作品『夜は短し歩けよ乙女』(17年)、Netflixで全世界配信中の「DEVILMAN crybaby」など数々の話題作を世に送り出し、疾走感と躍動感に溢れる自由闊達な映像表現で、日本のみならず世界を魅了してきた鬼才・湯浅政明。

本作は、海辺の街を舞台に描かれる感動の青春ラブストーリー。消防士の青年・港と、大学入学を機に海辺の街へ越してきたひな子がある火事騒動をきっかけに出会い恋に落ちるところから物語が展開される。雛罌粟港役にGENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太、向水ひな子役を川栄李奈が演じるほか、松本穂香、伊藤健太郎が共演する。

映画『きみと、波にのれたら』は6月21日(金)より全国公開

(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

きみと、波にのれたら

きみと、波にのれたら

4.4
2019/6/21 (金) 公開
出演
声の出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)/川栄李奈/松本穂香/伊藤健太郎 ほか
監督
湯浅政明