『アナと雪の女王2』ED曲アーティストに中元みずきが抜擢、メイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」生歌唱

映画『アナと雪の女王2』エンドソングアーティストお披露目イベントが24日、都内にて行われ、中元みずきが出席。メイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」を生歌唱した。

アナと雪の女王

本作のメイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン」。この日は作品の世界観を表現した豪華なステージが用意され、イベントがスタートすると、プロジェクションマッピングによる光の演出が辺り一面を包み込み、一気に会場は「アナ雪」の世界に。そこへ登場したのは、本作の日本版エンドソングアーティストとして大抜擢された、若干19歳の新人アーティスト<中元みずき>。日本版エンドソングを歌うアーティストに新人を起用するのは、ディズニーとして初となる。

歌唱力はもちろんのこと、劇中でこの楽曲を歌うエルサのように、“未知の旅”へ一歩踏み出そうとする心情を表現できる人物として、新人ながらUSディズニー本社のオーディションに合格した逸材。中元は会場に詰めかけた報道陣の熱い眼差しを受けながら、初舞台とは思えない堂々たる歌唱力で歌いきると会場からは拍手が沸き起こった。

アナと雪の女王

歌い終えた中元は今回エンドソングアーティストに抜擢されたことについて「全く信じられなくて、今でも夢なんじゃないかなと思っています。でもレコーディングを終えて、だんだん実感が湧いてきました。」と緊張しながらもエンドソングアーティストに決まった瞬間を振り返る。また、中元自身にも姉がいるということで「私と姉も、エルサとアナのように正反対の性格なんです。でもその中で、色々なことを相談したり、応援し合ったり、とても仲が良いので、エルサとアナの絆と似ているなと共感しました。」と、エルサとアナにも負けないほどの“絆の強さ”を口にした。

自身のメジャーデビューを飾る楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」については「”未知の世界へ”という曲なので、私自身もこの曲に大きな勇気をもらいました。みなさんもこの曲を聴いて前に一歩踏み出そうと思えるようになればよいなと思います。」とまだ見ぬ未知の世界へ踏み出そうとするエルサを彷彿とさせるような力強い眼差しで楽曲への熱い想いを語り、美しい歌声の余韻とともにイベントは幕を閉じた。

アナと雪の女王

「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」は、エルサだけにしか聞こえない“不思議な歌声”をきっかけに、エルサが再び自身の“力”と向き合い、迷いを感じながらもまだ見ぬ“未知なる世界へ”と心のままに踏み出そうとするエルサの想いが溢れた曲。“ありのままの自分”を受け入れたエルサのその先を歌ったこの楽曲は、一度聞くと忘れられない壮大なメロディで人々の心を魅了するとともに、中元が語る通り、迷いを抱えつつも新たな一歩を踏み出そうとする人の背中を押してくれる曲になりそうだ。

映画『アナと雪の女王2』は11月22日(金)より全国公開

(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

アナと雪の女王2

アナと雪の女王2

4.3
2019/11/22 (金) 公開
出演
声の出演:クリステン・ベル/イディナ・メンゼル/ジョナサン・グロフ/ジョシュ・ギャッド/エバン・レイチェル・ウッド/スターリング・K・ブラウン ほか(日本語吹き替え):松たか子/神田沙也加/武内駿輔/原慎一郎/吉田羊 ほか
監督
クリス・バック/ジェニファー・リー