ディズニー『ラーヤと龍の王国』MovieNEXが5月21日に発売、ヒロイン声優は吉川愛

“信じあう心”を失った<龍の王国>をめぐる壮大なスペクタクル・ファンタジー『ラーヤと龍の王国』のMovieNEXと4K UHD MovieNEXが5月21日(金)に発売される。

ラーヤと龍の王国

幼い頃のある出来事により父を失い、他人を信じることをやめてたったひとりで生きてきた孤独なヒロイン、ラーヤ。聖なる龍の力が宿るという<龍の石>の守護者一族の娘である彼女は、伝説の“最後の龍”の力を蘇らせ、バラバラになった世界を再び一つにするため王国の“最後の希望”として立ち上がり、壮大なスぺクタクル・ファンタジーが始まる。

監督は『ベイマックス』でアカデミー賞を受賞したドン・ホールと、「ブラインドスポッティング」という高い評価を受けた作品で長編映画監督デビューを飾ったカルロス・ロペス・エストラーダ。プロデューサーは、『モアナと伝説の海』でアカデミー賞にノミネートされたオスナット・シューラーと『アナと雪の女王』でアカデミー賞を受賞したピーター・デル・ヴェッチョが担当するなど、豪華スタッフが参加したことでも話題を呼んだ。また、主人公ラーヤの日本版声優には女優・吉川愛が声優初挑戦。孤独を背負いながらも、世界を救うことを諦めない芯の強さを持つディズニーの新しいヒロインを見事に演じ切っている。

この度発売するMovieNEXには、自宅に送られてきたマイク、スタンド、パソコンを駆使して声を吹き込む様子が収録された「アフレコ現場の裏側」や、人気のディズニー・キャラクターが登場しているシーンが分かる「ラーヤ・トリビア!」、貴重な「未公開シーン」などの豪華ボーナス・コンテンツが多数収録される。

映画『ラーヤと龍の王国』MovieNEX、4K UHD MovieNEXは5月21日(金)に発売

(C)2021 Disney

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ラーヤと龍の王国

ラーヤと龍の王国

4.3
2021/3/5(金) 公開
出演
オークワフィナ/ケリー・マリー・トラン 日本語吹替版:吉川愛/高乃麗/森川智之
監督
ドン・ホール/カルロス・ロペス・エストラーダ