世界の金融地区”ウォール街”が舞台の映画5選

世界の金融地区として定着しているニューヨークにある”ウォール街”。常に世界金融の中心的役割を果たしてきたこの場所を舞台とした映画は数多くあります。
そこで、今回はその”ウォール街”を舞台とした映画をご紹介します!特に投資などに興味がある人や金融機関で働いている人には、ためになるかも?

レオ様主演で実在の株式ブローカーの半生を映画化!

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)

ウルフ・オブ・ウォールストリート

”ウォール街の狼”と呼ばれた実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートのヤバ過ぎる半生を描いています。本当にこんな人生あるの?と疑ってしまうくらいの壮絶な人生で、3時間もあっという間に過ぎてしまいます。

【Story】
貯金ゼロから26歳で年収49億円へ!栄光と豪遊の10年間の果てに逮捕された男が見た、人生の天と地とは──?22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込んだジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。学歴もコネも経験も無かったが、誰も思いつかない斬新なアイデアと、一瞬にして人の心を掴む話術で瞬く間に成り上がっていく。26歳で証券会社を設立、年収49億円を稼ぎ出し、常識を超えた金遣いで世間を驚かせた。すべてを手に入れ、“ウォール街のウルフ”と呼ばれた男にはしかし、ダイナミックな成功以上にセンセーショナルな破滅が待っていた――。

 

米国では常識とも言えるほどのド定番映画!

映画『ウォール街』(1987)

ウォール街

マネー戦線の最前線、ウォール街に渦巻く野望と陰謀…。オリバー・ストーン監督がスリ­リングに描き出す傑作エンターテイメント。本作は実際のウォール街にも影響を与え、主人公の投資家ゴードン・ゲッコーにあこがれて投資銀行に入社する人や、ファッションを真似る人が後を絶たなかったとか。

【Story】
世界の金融の中心「ウォール街」で繰り広げられる男たちのマネー・ウォーズ。若き商社­マンのバド(チャーリー・シーン)は自分の持てる頭脳と行動力の全てを注ぎ、一攫千金を狙っていた。億万長者­ゲッコー(マイケル・ダグラス)に取り入るため、父の勤める航空会社の情報を渡し、インサイダー取引したこと­で夢が叶い、大金を手にするが……。

 

『ウォール街』の続編!21世紀のマネーゲームを描く­スリリング・サスペンス

映画『ウォール・ストリート』(2010)
51VNmG0QYDL

前作にあたる『ウォール街』との繋がりを示す描写もあるので、ぜひそちらを観てからの鑑賞をおすすめします!前作からのキャストだけでなく、ストーリーも2008年に起こったリーマン・ショックを取り上げており、月日の流れを実感するかも。

【Story】
2001年、8年の服役を終えたゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)。カリスマ投資家の面影は消え、す­っかり過去の人と成り果てていた。そして2008年、ウォール街の若き金融マン、ジェ­イコブ(シャイア・ラブーフ)の会社が突然破綻した。心の師である経営者は自殺し、ジェイコブ自身も資産を失­ってしまう。それが金融業界の黒幕ブレトンの陰謀だと知ったジェイコブは、復讐を誓い­、ゲッコーに助言を求める。しかし、ゲッコーはジェイコブの最愛の恋人ウィニーの父親­でもあった。ゲッコーは絶縁状態のウィニーとの仲を取り持つことを引替条件に、ジェイ­コブと手を組むことに同意するが…。

 

アラナイ(アラウンド90)のおばあちゃんと一緒にウォール街へGO!

映画『シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人』(2013)

シャーリー&ヒンダFcation Film (C)2013

経済成長って結局何なのか?その答えを求めにウォール街まで行ったアラナイ(アラウンド90)の2人を追ったドキュメンタリー。経済について考えさせられることはもちろん、何歳になっても探究心を持つことの大切さにも気づきます。

【Story】
アメリカ・シアトルの田舎で生活している92歳のシャーリー・モリソンさんと86歳のヒンダ・キプニスさんは、経済成長について疑問を抱く。大金持ちでもビジネスマンでもない老女の二人は、その疑問を解決するため大学生や大学教授、経済アナリストへの質問を繰り返していく。時に門前払いをくらったり、バカにされながらも成長を遂げた2人の知りたいという欲求は強まり、とうとうニューヨークのウォール街へと突撃する。

 

もうすぐ公開!リーマン・ショックの真実を描いた実話

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』 3月4日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

マネーショート(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 

クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピットという豪華キャストが共演。リーマン・ショックの裏側でいち早く経済破綻の危機に気づき、ウォール街を出しぬいた4人の男たちの実話です。

【Story】
2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダー・マイケル(クリスチャン・ベール)は、格付の高い不動産抵当証券の何千もの事例を調べていく中で、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品[サブプライム・ローン]が、数年以内にデフォルト[債務不履行]に陥る可能性がある事に気付くが、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関から全く相手にされずにいた。そんな中、マイケルは「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引に目をつけ、ウォール街を出し抜く事を画策するー。同じ頃、ウォール街の若き銀行家ジャレット(ライアン・ゴズリング)は、マイケルの戦略を察知し、頭金なしで信用力の低い多くの低所得者に住宅ローンを組ませている大手銀行に対して不信感を募らせているヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーブ・カレル)を説得して「クレジット・デフォルト・スワップ」に大金を投じるべきだと勧める。また、この住宅バブルを好機と捉え、ウォール街で地位を築こうと野心に燃える若き投資家の2人から、勝負を賭けるにあたり相談を持ちかけられるベン(ブラット・ピット)。今は一線を退いた伝説の銀行家であるベンは2人の計画に自らのコネクションを使って彼らのウォール街への挑戦を後押しすることを決意する。2008年、遂に、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れるー。マイケル、マーク、ジャレット、ベンの大勝負が始まる・・・。

 

いかがでしたか?金融の知識があると、世の中の見方が少し変わるかもしれませんね。
1作でも面白いな〜、と思った人はぜひ週末に『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を観に行ってみては?
そして鑑賞後は映画ランドでレビューを書いてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で