『ドラキュラZERO』の試写会イベントにVAMPSが登壇/新曲「VAMPIRE’S LOVE」を初披露

10月31日より公開される映画『ドラキュラZERO』の試写会イベントが7日、東京・台場のZeppダイバーシティ東京で行われ、日本版イメージソングを担当したロックバンド・VAMPSのHYDEとK.A.Zが登壇。事前に公式ホームページで集められたVAMPSのファン500名の前で、新曲「VAMPIRE’S LOVE」を初披露した。

1

10月31日より公開される映画『ドラキュラZERO』の試写会イベントが7日、東京・台場のZeppダイバーシティ東京で行われた。イベントには日本版イメージソングである新曲「VAMPIRE’S LOVE」の発売を10月8日に控えたロックバンド・VAMPSのHYDEとK.A.Zが登壇。事前に公式ホームページで集められたVAMPSのファン500名が集結する中、サプライズで「VAMPIRE’S LOVE」が初披露された。
2
HYDEがヴァンパイア好きであることから実現した今回のコラボレーション。ヴァンパイアを題材にした映画では「『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』が好き」「原作を書かれたアン・ライスの本が大好きで、よく読んでいる」という。

HYDEは新曲に込めた思いを「みんなに愛される曲を作りたいと思った。ロックが苦手な人も親しみやすいようにバラードにして、入り口へ誘い込んでみんなの血を吸おうと思って」と明かし「普通のバラードじゃつまらないので、ヴァンパイアの血を入れたらとても切ない物語に仕上がった」と語った。
3
この日は、ロンドンで撮影されたという「VAMPIRE’S LOVE」のPVも初披露され、HYDEは「演出の部分など監督とバトルしながら頑張って作りました(笑)」と苦労を告白。K.A.Zは「まるでHYDEが監督みたいに引っ張ってくれて、監督とバトルしているのをあらら~って横で見てました」と明かし「そのおかげですごく素敵なPVになったと思う」とその出来に自信をみせた。

映画『ドラキュラZERO』を鑑賞したHYDEは「飽きさせない壮大さにときめいた。ヴラドがドラキュラに変身するところがかっこよかったので、僕も練習したい。史実に基づいているところもあるので、とてもリアルな物語」と評価。K.A.Zも「ドラキュラのイメージを一新している。スケールもすごいし、敵を倒すシーンもかっこよかった」と語った。
4
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【Story】
横暴な大国オスマン帝国の侵略から、民衆と愛する妻、そして幼い息子を守るため、強大な闇の力と契約を交わすこととなるヴラド・ドラキュラ(ルーク・エヴァンス)。しかし、それと引き換えに耐えがたい代償を払うことに…。守るべき配下から「悪魔が乗り移った!」と恐れられながらも、何万もの兵を一瞬にして蹴散らすほどの強大な力を手に入れたヴラド。果たして、恐るべき悪と化しても、なお英雄でいられるのか―?

10月31日(金)より、全国ロードショー
配給:東宝東和
公式サイト http://dracula-zero.jp/

(C)Universal Pictures

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で