『何者』『愛の渦』の三浦大輔が自身の舞台作品を映像化、池松壮亮×寺島しのぶ共演『裏切りの街』11月に劇場公開決定

何者』『愛の渦』の監督・脚本を手がけた鬼才・三浦大輔が自身の舞台作品を映像化した『裏切りの街』が11月12日より新宿武蔵館にて2週間限定で劇場公開されることがわかった。キャストに池松壮亮、寺島しのぶ、落合モトキらが名を連ねる。

裏切りの街

『裏切りの街』は劇作家・演出家としてだけではなく映画監督としても高い評価を受けている三浦大輔が、2010年に自身のオリジナル脚本・演出で上演した同名タイトルの舞台を自らの手で映像化した意欲作。舞台では描かれなかった主人公2人のその後が新たに書き加えられて、映像配信サービスdTVにて映像化され、月間視聴ランキング1位を獲得、映画評論家を中心に多くの注目を集めた。今作はdTV版とは異なる編集が施された劇場版だ。

裏切りの街
裏切りの街

物語は、平凡な専業主婦と15歳年下のフリーターによる禁断の恋愛とその果てを描く逃避行劇。同棲する彼女に小遣いをもらいながら怠惰な生活を続けるフリーター・菅原裕一を池松壮亮が、穏やかな夫と専業主婦として 平穏な日々を送る橋本智子を寺島しのぶが演じるほか、中村映里子、落合モトキ、駒木根隆介、平田満、佐藤仁美らが脇を固める。また、三浦大輔監督作『ボーイズ・オン・ザ・ラン』で主役を演じた峯田和伸の銀杏BOYZ「ピンクローター」が主題歌に決定している。

裏切りの街

三浦大輔 コメント


『裏切りの街』は、不倫の話です。ただ、ありきたりな作品ではありません。普段、誰もドラマにしようと思 わない瞬間を、徹底的にリアルに描いた、あまり見たことのない不倫劇だと思っています。「人間って、こんなもんだよな」と、どうしようもない登場人物たちのことを愛らしく、思ってくれたら幸いです。人は必ず裏切る。「まあ、いっか」という感じで…ただ何となく…。ただ、それにためらったなら、その瞬間の人間はとても優しい。

『裏切りの街』は、僕の舞台作品の中で最も映像化したかった作品です。それが実現でき、さらに劇場で公開されることになり、とても嬉しく思っています。まだ未見の方はもちろん、舞台作品をご覧になった方、dTVで視聴された方も、是非、この貴重な機会に、スクリーンで『裏切りの街』を堪能してください。劇場でお待ちしております!

映画『裏切りの街』は11月12日より新宿武蔵館にて2週間限定公開(R15+)

【CREDIT】
監督・脚本:三浦大輔
出演:池松壮亮 寺島しのぶ 中村映里子 落合モトキ 駒木根隆介 佐藤仁美 平田満
主題歌 :「ピンクローター」銀杏BOYZ
配給:エイベックス・デジタル

(c)BeeTV

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で