廣瀬智紀の天然っぷりに青木玄徳が総ツッコミ!『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。』完成披露で予告&公開日発表

映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。』完成披露イベントが15日、都内・よみうり大手町ホールにて行われ、廣瀬智紀、青木玄徳が登壇した。

探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。

本作は、祖父から引き継いだ紅伊探偵事務所の2代目所長として探偵生活をおくる風変わりな男・紅伊玲二と、頭よりも体が先に動く熱血漢の相棒・藍彰二が、ある少年からの“謎多き”依頼「父親探し」に立ち上がる探偵物語。風変わりな探偵・紅伊玲二を廣瀬智紀が、玲二の相棒・藍彰二を青木玄徳が演じる。その他探偵事務所の面々には岸明日香、田島令子、お笑いコンビ「水玉れっぷう隊」の松谷賢示、小野真弓、竹井亮介に加え、津田寛治、田中要次が名を連ねる。監督を櫻井信太郎が務め、脚本を『虎影』『ヒーローマニア-生活-』の継田淳が手掛ける。

探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。

舞台「弱虫ペダル」の巻島裕介役や映画『天秤をゆらす。』などで知られる廣瀬。「紅伊玲二という役は、いろいろ過去にトラウマを持ちつつも、おばあちゃんに育ててもらって。凄くクールなんですが、情に脆かったりする心の弱さを持ちつつも、探偵の仕事をプロとしてやってる…役なんですかねぇ…」と困り顔。すると青木が「自分で作った迷宮に迷い込みましたね」とツッコミ、笑いをとっていた。改めて自身の役どころとの共通点を聞かれると、廣瀬は「子供は大好きです。(違うところは)弱さを見せなかったりするキザなところ。僕は弱さを見せちゃう子なんで」と答えていた。

探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。

廣瀬扮する玲二とバディを組む彰二を演じる青木は「現場がアットホームな感じで、いろいろとこだわったセット、車とかレトロな感じもあって、すごく好きな世界観でした。台本を読んだ時からキャラクターに興味が湧いていて、実際に廣瀬さんと会った時は玲二という役と重なり合う部分があった。(廣瀬は)何を考えているかわからないくらいミステリアスな、しかし喋らせるとものすごく天然だったりして(笑)僕が彰二を作る上で一番大事にしたのは玲二・廣瀬さんとのコミュニケーション。彰二の出来を評価してもらえるなら、それは廣瀬さんの役作りがあったからこそだと思います」と振り返っていた。

探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。
探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。

一方、今回が初共演という2人。青木は「舞台とかで名前や存在は知っていたんです。なので一関係にいたような感覚で。こうやってバディをやらせてもらえるのが不思議な気持ちですね」と言うと、廣瀬も「初めてがあまり関わらない役ではなく、バディというグッと深く関われる役で良かったと思います。“役者”青木玄徳くんとできたことはすごく良かった」と感慨深く語った。また、青木の印象を聞かれると、「クールでキザなキャラクターだと思ってました」と明かすと、青木は「おいおい、人をキャラクター呼ばわりする!?」とツッコミ笑いを誘う。廣瀬は青木の歩き方を「漢というかオスさ」と、“オスの歩き方”が気になったようで、青木が普段の歩き方を披露。だが、「それじゃない」というような表情を浮かべた廣瀬が、ポケットに手を入れ身体を色っぽく揺さぶるような歩き方を披露すると、その仕草に笑い声や拍手が沸き起こっていた。

探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。

そんな廣瀬を見て、青木は「初対面の頃から『あ〜もうイジりたい!』って思ってました。怒っているところを見たことがないし、廣瀬さんを嫌いになる要素がない」と印象を明かす。廣瀬が「モノに対して怒りますね。リモコンとかに『なんでないんだよ〜!』って」と言うと、青木は「今の時期だとエアコンのリモコンとかね」と挟むと、廣瀬は「エアコンはつけないタイプです」とキッパリ。爆笑が起こった廣瀬の返しに青木は「100点満点!見事に今の振りをうまく使ってくれましたね(笑)どうですか、このバディ感!」とはにかんでいた。

イベントでは、本作の予告編&キービジュアル解禁、同時に公開日が3月4日に決定したことが発表された。

フォトギャラリー


探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。
探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。
探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。

映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。』は3月4日よりユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開

【CREDIT】
出演:廣瀬智紀 青木玄徳ほか
監督:櫻井信太郎 脚本:継田淳 主題歌:廣瀬智紀
製作:「探偵」製作委員会(ユナイテッドエンタテインメント/アジンコート)
配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント
公式サイト:tantei.united-ent.com

(C)2017「探偵」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で