『サバイバルファミリー』小日向文世にアクシデント、自転車発電に挑戦も「足がガタガタ」と悲鳴あげる

映画『サバイバルファミリー』完成披露舞台挨拶が16日、都内・イイノホールにて行われ、主演の小日向文世をはじめ、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな、監督の矢口史靖が登壇した。

サバイバルファミリー

本作は、乾電池を含むあらゆる電化製品から、電車、自動車、ガス、水道まで、電気を必要とするものが完全にストップしてしまった東京を舞台に、ある家族が生き残るべく奮闘するサバイバルムービー。東京に暮らす平凡な一家、鈴木家の冴えないお父さん役の小日向文世をはじめ、天然なお母さん役に深津絵里、無口な息子役に泉澤祐希、スマホがすべての娘役で葵わかなが出演するほか、大野拓朗、志尊淳らが共演する。監督・脚本を『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』の矢口史靖が務める。

サバイバルファミリー

本作の撮影で大変だったエピソードを尋ねられると、小日向は「僕は虫が苦手で。アゲハの幼虫を食べようとするシーンがあるんです。僕はそのシーンが来る日まで、少しでも慣れようと思ってずっとスマホでアゲハの幼虫を見続けてたんです。だんだん可愛いじゃないかって思えるようになったんですが、黄色い角から臭い匂いを出すらしいんです。それをどうやって乗り切ろうかと思っていたら、当日用意されたのが、僕がスマホを見ていた時から『これは絶対やだな』と思っていた、シマシマのやつだったんです!」と明かし、会場から爆笑を誘っていた。

続けて、「あとは12月29日に入った天竜川。もう死ぬかと思いました。とにかく冷たくて、衣装の下に見えないようにウェットスーツを着ていたんです。でも隙間から泥水が入ってくるんですよ。撮影していると(川から)出られないもんで、やっぱり冷たい川の中で我慢しきれなくて“おしっこ”をするわけです。それがウェットスーツの中で広がった時は『なんてあったかいんだろう』と思いました」と暴露。会場を爆笑の渦が包む中、暴走した小日向は「したでしょ!?」と深津らに言い寄っていた。

サバイバルファミリー

小日向の暴走をさらりと受け流していた深津は、同じ質問に「100キロのある豚を、家族4人で追いかけるシーンですね」と語る。「これまでに体験したことのない出来事でした。自分で『何をしているんだろう?』と感じるくらい(笑)家族4人と豚さんを一緒に柵の中に入れられて、監督が『じゃあ鈴木家の皆さん、捕まえてみましょう〜』って」と大変だった撮影を振り返っていた。「豚に振り落とされた」という小日向は、「胸を強打して、その日の夜からくしゃみをするとき強烈な痛みが走ったんです。あれは多分(肋骨に)ヒビが入ってたと思う」と痛々しいエピソードを明かした。

サバイバルファミリー

一方の泉澤は「食べるものがなくなって、猫缶を食べるシーン。最初は中身を変えて食べてたんですが、監督が『もう一個新しいの食べちゃおう!』って言って、中身を変えてない本物の猫缶を食べました。そりゃあもう激マズでした」と苦笑い。深津と葵も食べたというが、小日向だけ食べなかったという。小日向は「本当は食べなくてよかったんだけど、深津さんは食に対してものすごく貪欲なんです!僕はシーチキン入れて食べました」と弁解。そんな小日向のヘタレな姿に、会場からは笑いが起こっていた。

サバイバルファミリー
サバイバルファミリー
サバイバルファミリー

イベントでは、東京から電気がなくなる本作にちなみ、タイトルロゴをライトアップさせるべく、小日向&泉澤&矢口監督ら男性陣が自転車発電に、深津&葵ペアが手回し発電に挑戦。深津らが順調にそれぞれの担当パートをライトアップさせるも、小日向のパート(「イバル」の文字)のみ一向にライトアップされず。「点いた!?まだ!?」と息を切らしながらペダルを回し続ける小日向だが、悲鳴をあげた小日向に変わって泉澤が回す。それでも一向に着かず、プラグが抜けていたアクシデントが発覚。慌てて接続しなおすと、ようやくライトアップを成功させた。

サバイバルファミリー

思わぬアクシデントに見舞われた小日向は「もう足がガタガタ…こんなに疲れたのは豚以来ですよ」と愚痴をこぼしていた。

フォトギャラリー


サバイバルファミリー
サバイバルファミリー
サバイバルファミリー

サバイバルファミリー
サバイバルファミリー
サバイバルファミリー

サバイバルファミリー
サバイバルファミリー
サバイバルファミリー

映画『サバイバルファミリー』は2月11日より全国公開

【CREDIT】
原案・脚本・監督:矢口史靖
出演:小日向文世 深津絵里 泉澤祐希 葵わかな
主題歌:「Hard Times Come Again No More」SHANTI(日本コロムビア)
公式サイト:http://survivalfamily.jp/

©2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で