『一週間フレンズ。』川口春奈×山﨑賢人、名場面満載のWEBスポット映像2種解禁

葉月抹茶の同名ベストセラーコミックを、川口春奈×山﨑賢人のW主演で実写映画化した『一週間フレンズ。』が2月18日より全国公開される。この度、川口扮する香織編、山﨑演じる祐樹編のWEBスポット2種が解禁となった。

一週間フレンズ。

原作は、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で2011年から昨年春まで連載された葉月抹茶のベストセラーコミック。月曜日になると友達の記憶を失くしてしまう女子高生・藤宮香織と、そんな彼女をひたむきに想い続ける心優しい同級生・長谷祐樹の2人が織りなす、ピュアで切ない青春ラブストーリー。

一週間フレンズ。

女子高生・藤宮香織を川口春奈が、同級生・長谷祐樹を山﨑賢人がそれぞれ演じるほか、祐樹の親友・桐生将吾役に「超特急」7号車・タカシこと松尾太陽、川口演じる香織の過去を知る転入生・九条一役に上杉柊平、祐樹の幼なじみ・山岸沙希役に高橋春織らが共演する。

一週間フレンズ

“香織編”は「私、なんども忘れるかもしれない。でも、絶対に思い出すから」と祐樹へ想いを伝えるシーンからスタート。続けて、「私、高校生活なんて早く終わればいいと思ってた。でも、今は違うよ」と感謝の言葉と共に笑顔を見せる香織の姿が捉えられている。祐樹と友達になったことで高校生活が充実し始めた香織と祐樹のドキドキな毎日と、大切な気持ちを忘れてしまう香織の切なさが描かれ、最後は「私、こんな大切なこと忘れていたなんて…」と涙する一幕も。

“祐樹編”は、香織を想う祐樹のひたむきな気持ちが込められた仕上がりに。「毎週月曜日、必ず言うから。友達になってくださいって。」と、笑顔で香織に語り掛ける祐樹のまっすぐな表情を皮切りに、「私は一週間で友達の記憶が消えてしまう」と祐樹を拒もうとする香織の言葉にも、「それでもいいって言ったら?」と、諦めずにアプローチし続けている。

一方で、「毎週、俺のこと覚えてなくてもそれで良かった」という祐樹の切なすぎる心情も捉えられており、最後は祐樹の恋を繋ぐ“友達になってください”の言葉で結ばれ、強い想いの先に2人の未来を信じたくなる、名場面満載の映像に仕上がっている。

映画『一週間フレンズ。』は2017年2月18日より全国公開

【CREDIT】
監督:村上正典 脚本:泉澤陽子
原作:葉月抹茶「一週間フレンズ。」(ガンガンコミックスJOKER/スクウェア・エニックス刊)
主演:川口春奈・山﨑賢人
配給:松竹株式会社 公式サイト:http://ichifure.jp

©2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で