『暗黒女子』飯豊まりえ、清水富美加の不在に涙も作品を引っ張っていく意志固める

映画『暗黒女子』完成披露試写会が21日、都内・新宿バルト9にて行われ、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏、平祐奈、千葉雄大、原作者の秋吉理香子、耶雲哉治監督が登壇。先日引退を発表した清水富美加は出席を辞退した。

暗黒女子
暗黒女子

当初から予定されていた映画の公開日:4月1日の変更はないものの、飯豊とW主演を務めた女優・清水富美加は先日の引退報道を受け、イベントや宣伝活動には参加しないと思われる本作。飯豊は「富美加ちゃんと今日ここに一緒に立てなかったことを本当に残念に思っています」と話し、「富美加ちゃんがどう思っているかわからないんですが、私は富美加ちゃんの人柄がすごく好きですし…『一緒に頑張ろうねっ』て言っていたので…この作品は富美加ちゃん含めみんなで一生懸命作り上げた作品。そこに嘘はないので、キャスト・耶雲監督みんなで一人でも多くの方に届けられるように頑張りたいと思います!」と、こみ上げる涙をこらえながら心境をあらわにした。

耶雲監督は、女優・清水富美加について「彼女は澄川小百合という役を真面目に考えてくれて、どうすればこの映画が面白くなるか、どうすればお客さんが喜んでくれるか、どうすればお客さんがもっと驚いてくれるか、一緒になって考えてくれました。撮影現場でも積極的にアイデアをいっぱい出してくれて…澄川小百合というキャラクターは、清水富美加という女優じゃなかったら存在することはなかった。生まれることはなかったんじゃないかなと思います。それくらい凄みのあるキャラクターになっています。本当にヤバイです!これを早く観て欲しいなと思います」と絶賛の言葉を贈った。

暗黒女子

原作は、読んでイヤな気持ちになる最悪の結末だが、後味が悪ければ悪いほど“クセ”になってしまう秋吉理香子が描いた魅惑のミステリー。物語は、学院の経営者の娘で全校生徒の憧れの的だった学院一のカリスマ美少女・白石いつみが、ある日校舎の屋上から落下して謎の死を遂げる。彼女が主宰していた文学サークルでは、部員自身が書いた物語を朗読する定例会を開催する。今回のテーマは「白石いつみの死」。それぞれが“犯人”を〈告発〉する作品が発表されていく。

真相を探る副会長/澄川小百合役に清水富美加、 死んだ学園のカリスマ/白石いつみ役に飯豊まりえ、女子高生作家/高岡志夜役に清野菜名、ブルガリア人留学生/ディアナ・デチェヴァ役に玉城ティナ、老舗料亭の娘/小南あかね役に小島梨里杏、学園一の秀才/二谷美礼役に平祐奈、文学サークル顧問/北条先生役に千葉雄大が名を連ねる。

映画『暗黒女子』は4月1日より全国公開

【CREDIT】
出演:清水富美加、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏/平祐奈/千葉雄大
原作:秋吉理香子『暗黒女子』(双葉文庫)
監督:耶雲哉治 脚本:岡田麿里
制作プロダクション:ROBOT 配給:東映/ショウゲート
公式サイト:ankoku-movie.jp

©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で