「カリコレ2017」ラインナップ発表、瑛太×佐藤江梨子共演作やユアン・マクレガー初監督作など計50作品

4周年を迎えたミニシアター”シネマカリテ”が贈る魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション 2017」通称「カリコレ 2017」が7月15日(土)~8月18日(金)の5週間に渡り開催されることが決定した。

カリコレ2017

今年で開催4回目を迎える「カリコレ 2017」では、ジャンルや国境を超えた選りすぐりの新作、旧作、未公開作が充実のラインナップで用意されている。映画祭のオープニングを飾る作品は『百円の恋』で日本アカデミー 賞、ブルーリボン賞ほか、幾多の映画賞を総ナメした武正晴監督が、瑛太×佐藤江梨子との強力なタッグで贈る最新作『リングサイド・ ストーリー』(10月新宿武蔵野館にて公開)。役者として売れず 苦悩するヒデオと格闘技団体で働きながら彼を支えるカナコを通して、華やかなエンターテイメントの裏側で奮闘する人々の姿を快活に描いた人情喜劇だ。

クロージング作品には、ジム・ジャームッシュ監督による最新作『ギミー・デンジャー』(9月2日シネマカリテにて公開)を選出。 『イヤー・オブ・ザ・ホース』以来、20 年ぶりとなる本作はジャームッシュと、長年の親友である“ゴッドファーザー・オブ・パンク”イギ ー・ポップとの友情から制作がスタートしたドキュメンタリー。8年の歳月をかけ完成された伝説のバンド“ザ・ストゥージズ”に迫るジャームッシュの音楽観を堪能できる力作となっている。

さらに、太賀×中村蒼×矢本悠馬×染谷将太らの共演で贈る青春ロードムービー『ポンチョに夜明けの風はらませて』(10月新宿武蔵野館にて公開)や、ユアン・マクレガーが初監督で挑む、作家フィリップ・ロスのピューリッツァー賞受賞小説を映画化した『アメリカン・テロリスト』などがラインナップ。合計50本に及ぶ作品の上映が決定している。詳しくは「カリコレ2017」の公式サイトまで。

「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション 2017」
開催期間:2017年7月15日(土)~8月18日(金)の5週間
開催場所::新宿シネマカリテ
入場料金:新作 1,500 円均一 (リピート割で 1,200 円)、旧作 1,000 円均一
映画祭HP:http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2017/

©カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション 2017 実行委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で