米同時多発テロ“9.11”、ワールドトレードセンタービル内のエレベーターに閉じ込められた5人の運命描く『ナインイレヴン』予告

9.11を題材にした舞台「エレベーター」を実写映画化した『ナインイレヴン 運命を分けた日』が9月9日(土)より全国公開される。この度、ポスタービジュアルと予告編が解禁となった。

ナインイレブン

2001年9月11日、NYワールドトレードセンタービルで起きた米同時多発テロを内側の視点から描いた本作。主演を『プラトーン』のチャーリー・シーンが務め、共演に『天使にラブ・ソングを…』などで知られるウーピー・ゴールドバーグほか、ジーナ・ガーション、ルイス・ガスマン、ウッド・ハリスらが名を連ねる。

予告編は、ポスターに綴られているキャッチコピーの”いつもと同じ朝、いくつもの約束があった”の言葉通り、普段と変わらない日々を過ごす5人の姿から始まる。だが、ワールドトレードセンター内のエレベーターに乗り合わせた5人が、爆発に巻き込まれエレベーターに閉じ込められてしまうさまが収められている。彼らはウーピー扮するオペレーターのメッツィーの指示を頼りに決死の脱出を試みるも、次第に状況が悪化していく場面が次々と展開されていく。

映画『ナインイレヴン 運命を分けた日』は9月9日(土)より新宿武蔵野館、丸の内TOEI ほか全国公開

【CREDIT】
監督:マルティン・ギギ
出演:チャーリー・シーン ウーピー・ゴールドバーグ ジーナ・ガーション ルイス・ガスマン ウッド・ハリス オルガ・フォンダ ジャクリーン・ビセット ブルース・デイヴィソン
配給:シンカ 協力:松竹
公式サイト:http://nineeleven.jp/

© 2017 Nine Eleven Movie, LLC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で