山﨑賢人が明かす、“素の自分に一番近い役”とは?ファンも気になる回答飛び出す

俳優の山﨑賢人が17日、自身が主演を務める映画『斉木楠雄のΨ難』女性限定ピンクハロウィンイベントに出席。監督の福田雄一から「今までやってきた役の中で、素の自分に一番近いのは誰なの?」と聞かれると、ファンも気になる回答が本人から飛び出した。

斉木楠雄のΨ難

山﨑は「斉木は間違いなくかけ離れてる(笑)」とハニカミ、「朝ドラ『まれ』は割と近い。(撮影が)結構長いスパンでやっていたので、自分が出てると思うんですよね。能登弁ですが、喋り方とか普通に素が出ちゃってるところがある」と明かす。続けて、一週間フレンズ。』長谷祐樹役の名前が上がると、ファンから「おお〜!」と納得の声が。山﨑は「ぶっ飛んだ底抜けの明るさが常にあるわけではないですが、結構あんな感じ」とファンを沸かせていた。

斉木楠雄のΨ難

福田から「四月は君の嘘』の山﨑賢人、あれは嘘なの?」とツッコミが飛ぶと、山﨑は「あれは…嘘ですね(笑)」とにっこり。だが、「俺あの賢人くん大好きなんだけどな〜!」と福田から絶賛の言葉を受けると、山﨑は「嘘じゃない!あれ…嘘じゃないな〜!」とすかさず訂正。橋本環奈も「『斉木』の撮影クランクイン前日に(四月は君の嘘』を)観たんです!現場の近くの映画館で。すごいハマってるな〜と思ったんですけど…あれ嘘だったんだぁ」とイジると、山﨑は照れ笑いを浮かべていた。

斉木楠雄のΨ難

さらに福田がファンに向かって「どの賢人くんが一番好きなの?」と聞くと、ファンからは「利太!利太!」と、『ヒロイン失格』で山﨑が演じた寺坂利太の名前が多数上がった。山﨑が「あの感じもあります!」とこぼすと、福田と橋本も「あぁ〜!!」と納得の表情を見せていた。

映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日(土)より全国公開

【CREDIT】
出演:山﨑賢人 橋本環奈 新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸 賀来賢人 ムロツヨシ 佐藤二朗 内田有紀 田辺誠一
脚本・監督:福田雄一
原作:「斉木楠雄のΨ難」麻生周一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

(C)麻生周一/集英社・2017映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で