『妖怪ウォッチ』千葉雄大、13歳の主人公役に苦戦!上白石萌音は“渋い”ジバニャンに衝撃

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』公開アフレコが19日、都内・アバコクリエイティブスタジオにて行われ、主人公・天野ナツメ役の上白石萌音、もう一人の主人公・月浪トウマ役の千葉雄大が出席。本邦初お披露目となる「ライトサイド」ジバニャンも駆けつけた。

妖怪ウォッチ

劇場版第4弾は「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の世界を描いた物語。妖怪には「ライトサイド」「シャドウサイド」2つのモードが存在し、妖怪ウォッチに選ばれし者、登場人物を一新し、ジバニャンらお馴染みの妖怪たちは驚きの姿で登場する。さらに、国民的妖怪キャラクター「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターも参加し、夢の妖怪コラボが実現する。

妖怪ウォッチ

アフレコでは、本作で30年の時を経て「伝説の猫妖怪」と変貌したジバニャンの声を担当する黒田崇矢との掛け合いも。「30年の間にいろいろあったニャ」と言う“渋カッコいい”ジバニャンの姿に、上白石と千葉は「だいぶ…いろいろあったんだね」と思わず動揺。アフレコ中も、13歳の主人公・月浪トウマも声を演じる千葉に「もうちょっと13歳ぽく」と指示が飛ぶと、ジバニャンは「ちょっと老けてるニャ」とツッコミ。千葉は「やかましいわ!28歳が出てしまいました(笑)」とはにかんでいた。

妖怪ウォッチ

ジバニャンから「アフレコしてみてどうだったニャ?」と聞かれると、上白石は「初めて戦うシーンがありました。すごく快活でパワーのある女の子の役。体力をいっぱい使ってアフレコをしました。最後は達成感ぎありましたね」とにっこり。

妖怪ウォッチ

千葉は「声優の経験は浅いので、難しいことだらけでしたね。終わった後は達成感がありました」とアフレコを振り返り、「たまに28歳が出ちゃって『もうちょっと13歳でお願いします』って言われたり…そこが難しかったです(笑)」と13歳の主人公役に苦戦した様子。ジバニャンは「そうだったね…どうしても隠せない部分はあるニャン。でも可愛かったニャ!」と絶賛した。

妖怪ウォッチ

そんなジバニャンの“渋カッコいい”ボイスに上白石は「(初めて聞いた時)衝撃でしたね!この渋さで『俺様についてこい!』って言われたら、全幅の信頼を置けるような声。今までのジバニャンを知っている方が見たら相当驚くと思います。その反応がすごく楽しみです!」とコメント。ジバニャンは「言っておくけど…酒灼けじゃないぞ!」と笑いをとっていた。

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』は12月16日(土)より全国公開

©LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017 ©LEVEL-5 Inc. ©NHN PlayArt Corp.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で