“歩くLOVEマシーン”中島健人、公開プロポーズにファン悶絶!「みせコド」ホワイトプレミア

映画『未成年だけどコドモじゃない』ホワイトプレミア(完成披露試写会舞台挨拶)が29日、都内・東京国際フォーラムにて行われ、主演の中島健人(Sexy Zone)をはじめ、平祐奈、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、山本舞香、監督の英勉が登壇した。

未成年だけどコドモじゃない

中島健人×知念侑李、ファン1,000人の前で公開プロポーズ!


本作で描かれる“結婚”にちなみ、それぞれ理想のプロポーズを聞かれたキャスト陣。知念は「恥ずかしがり屋なので、サプライズ的なことはできないと思います。なので、朝ごはんを一緒に食べてる時に『結婚しようか』って言います!」と告白。会場が黄色い歓声に包まれる中、中島も「何気ない時に『恋人やめよ…夫婦になって欲しい。俺と結婚して?』って感じですかね」とハニカミ。

未成年だけどコドモじゃない

MCが「皆さん!見てみたいですよね!?」と会場を沸かせると、知念から芝居つきで「(寝顔で)おはよ…(食卓につき)卵焼きいいね。ちょっと醤油取ってよ。ありがと…結婚、しよっか」と公開プロポーズ。それを見た中島は「ちぃの背中が大きく感じた!すごかった。ナチュラルで素敵ですね」と絶賛していた。

一方の中島は「あのさぁ…明日のデートどこ行く?いろんな行きたいところあるよね。でも俺ってさぁ…“歩くLOVEマシーン”って呼ばれてるんだよね。そんな俺だけど、もう恋人やめて…俺と夫婦になって欲しい…結婚してください」と甘いマスクでプロポーズを披露。最後は投げキッスで締めくくり、ファンを悶絶させていた。

未成年だけどコドモじゃない

平祐奈、理想のプロポーズは「和室で…」


「結婚に憧れはあります!」と話す平。プロポーズの理想は「和風がいいなぁと思っていて、和室とかで言われたい。松の木があって…着物着て、古風な感じがいいです」とにっこり。知念は「そのシチュエーション作るの難しそう(笑)」とこぼしていた。

山本は「くどいプロポーズは嫌だ!爽やかにプロポーズして欲しい」ときっぱり。「ひざまずかないで欲しい(笑)」と続けると、劇中でひざまずいてプロポーズを披露している知念は、背を向け肩を落とす。その様子に会場は笑いに包まれた。


水波風南原作の同名コミックを『ヒロイン失格』『トリガール!』『あさひなぐ』などで知られる英勉監督が実写映画化した本作。成績優秀、スポーツ万能な高校の王子様・鶴木尚役に中島健人、16歳の誕生日に両親から片想いの尚との“結婚”をプレゼントされた世間知らずなお嬢様・折山香琳役に平祐奈、香琳に想いをよせる幼馴染で、尚に香琳との“離婚”を迫る海老名五十鈴役に知念侑李が扮する。

映画『未成年だけどコドモじゃない』は12月23日(土)より全国公開

(C)2017 「みせコド」製作委員会/(C)2012 水波風南小学館

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で