マッツ・ミケルセン、カール・アーバンら「東京コミコン2017」で大暴れ!来日ゲストが和気あいあい

12月1日~3日に千葉・幕張メッセ国際展示場にて開催中の「東京コミックコンベンション2017(略称:東京コミコン2017)」で行われたスペシャルトークショーに、マッツ・ミケルセン、ネイサン・フィリオン、カール・アーバン、福原かれんが出席した。

コミコン

ゲストの登場に、会場に集まったファンから黄色い歓声が。司会を務める映画ライター/映画評論家でアメコミの大ファンで知られる杉山すぴ豊も興奮しきり。3度目の来日にマッツは「素晴らしくて美しい、規律よく組織立ったコミコンだね!大勢のファンがいて、参加できてよかったよ」とハニカミ。

コミコン

「キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き」「ファイヤーフライ 宇宙大戦争」などで知られるネイサンは「ここは最高の席だね!隣に『スター・ウォーズ』(マッツ)、こっちには『スター・トレック』(カール)、そちらには『スーサイド・スクワッド』(福原)だよ!僕はすっかりオタクのような気分だ!」と声高に話し、マッツやカールと“椅子下げ”ゲームでじゃれあう一幕も。

コミコン

杉山から「スーパーヒーロー映画の魅力は?」と聞かれたマッツは、映画『ドクター・ストレンジ』でカエシリウス役を熱演しており「小さい頃、時として『透明になりたい!』って思ったこともあったよ。スーパーヒーローは子供にとって魅力的であるだけでなく大人にとっても同じ存在。スーパーヒーローを演じたことはないけど、“スーパー悪者”なら演じたことがあるよね!」とコメント。

コミコン

杉山が「ハンニバル・レクターだけは生きていてほしい…」とこぼすと、マッツは「(死ぬことは)絶対にないよ。彼は不滅だからね!契約の中にも、そう入れてもらったんだ(笑)」と茶目っ気たっぷりに答え、ファンを沸かせていた。

コミコン

杉山から「また『ファイヤーフライ』のようなSF作品に出演してほしい!」と声をかけられたネイサンは「ぜひ出たいね!そういう話があったら誘ってよ!」と笑顔をのぞかせた。

コミコン

『マイティ・ソー バトルロイヤル』など数々の作品に出演しているカールは、ファンへ向けて『スター・トレック』の印象的なナレーションシーンを再現し、ファンを歓喜させた。

コミコン

映画初出演にして『スーサイド・スクワッド』でカタナ役に抜擢された福原。「『アメコミ映画に出たい!』と思っている方々に先輩としてアドバイスはありますか?」と聞かれた福原は「夢を捨てないことです!日本人だからといって、自分にリミットをつけるのではなく、進んで夢をつかんでいってほしい!」とメッセージを贈った。

「東京コミコン2017」公式サイト:http://tokyocomiccon.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で