桐谷美玲、電話で突然のスカウト!『リベンジgirl』完成披露で“人生のターニングポイント”明かす

映画『リベンジgirl』完成披露イベントが7日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、桐谷美玲、鈴木伸之、清原翔、佐津川愛美、竹内愛紗、監督の三木康一郎が登壇した。

桐谷美玲、電話で突然スカウト!「めちゃくちゃ怪しかった」


10月29日(日)にクランクアップを迎え、完成したばかりの作品を引っさげ、桐谷らがファンの前に登場。大失恋をきっかけに女性初の総理大臣を目指すヒロインにちなみ「人生のターニングポイント」を聞かれた桐谷。

高校3年生の夏(15歳の頃)にスカウトされた事をターニングポイントとして掲げ、「全く芸能界に興味がなくて。その時にスカウトされていなかったら、今こういう舞台に立てていなかった。携帯に電話が突然かかってくる特殊なスカウトでした(笑)めちゃくちゃ怪しかったですよ!最初は断りに行こうと思ったんですが、あれよあれよと…(笑)」とエピソードを明かした。

リベンジgirl

一方、あまり感情を表に出さないクールなキャラクターを演じた鈴木。「皆さんの前に立てて今めちゃくちゃ幸せです!」とファンを前に感情をさらけ出し、役とは正反対な性格だと茶目っ気たっぷりにアピール。続けて「こないだ家の中で虫が出て…『ウワッ』てなったんですが、ハンガーのネジネジなってるところをまっすぐにして、蜘蛛を先っぽにつけて窓からポイッとやりました(笑)」と笑いをとった。


本作は、東大首席でミスキャンパス1位の宝石美輝が、大失恋をきっかけに、人生を賭けてのリベンジ“女性初の総理大臣”を目指すさまを描くラブコメディ。桐谷が映画主演を務めるのは『ヒロイン失格』以来2年ぶり。選挙当選に向け、一直線に突き進むヒロインを支えるクールな敏腕選挙参謀役で鈴木伸之が共演するほか、清原翔、馬場ふみか、佐津川愛美、大和田伸也が出演する。監督は『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『覆面系ノイズ』の三木康一郎が務める。

映画『リベンジgirl』は12月23日(土・祝)より全国公開

【CREDIT】
出演:桐谷美玲、鈴木伸之、清原翔、馬場ふみか、佐津川愛美、大和田伸也
監督:三木康一郎
原作:清智英・吉田恵里香「リベンジgirl」(KADOKAWA刊)
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

©2017『リベンジgirl』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で