『風の色』古川雄輝、華麗なマジックを生披露しファンを魅了!過酷な撮影振り返る一幕も

映画『風の色』Tokyo Magic Carnival in 原宿コラボイベントが5日、都内・キュープラザ原宿にて行われ、主演の古川雄輝、Mr.マリックが出席した。

風の色

流氷の北海道・知床と桜舞い散る東京を舞台に、時空を超えた2組の男女が繰り広げる幻想的かつミステリアスで壮大なドラマを描く本作。日本をはじめ、中国に熱狂的なファンを持つ古川雄輝と、公募オーディションで約1万人の中から選ばれた藤井武美が主演を務め、共演に竹中直人、袴田吉彦、小市慢太郎、中田喜子らが名を連ねる。

風の色

ワインレッドのシャツにブラックの蝶ネクタイをあわせたシックなドレスコードで登場した古川。劇中でマジシャン役を好演している古川に対し、マジックを監修したMr.マリックは「古川さんにぜひマジシャンの世界に来ていただきたい!それくらい素敵なマジシャン役でした」と太鼓判を押した。

風の色

予告映像でも垣間見れる、チェーンを身体に巻きつけて行われる脱出マジックの撮影について、古川は「実際にチェーンを巻いた水中脱出マジック。北海道で撮影していたので、かなり寒かったですね!」と過酷な撮影だった様子。Mr.マリックは「実際に本人でやられていて、氷が張り詰めた水中に入ってるんです。とても入れないですよ!」と撮影時の背景をのぞかせ、「ハリー・フーディーニという有名なエスケープ術を持つ方と同じ稽古をされていますから」と明かした。

風の色

古川は「マジックのシーンたくさんあるんですが、ほとんど練習していなくて…本番の20分前に練習したものを、いかに自信を持って魅せられるかが大変でしたね。マジシャンになりきるために、手の所作とかも意識して演じました」と述懐した。

風の色

イベントでは、人差し指から小指の背中を転がしていくコインループを古川が生披露。さらに、シャッフルしたお年玉袋を並べ、順番に「風の色1月26日公開」と揃えるマジックを披露し、ファンを魅了していた。

映画『風の色』は1月26日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国公開

【CREDIT】
監督・脚本:クァク・ジェヨン
出演:古川雄輝、藤井武美
主題歌:華原朋美「風の色」
マジック監修:Mr.マリック
公式サイト:http://kaze-iro.jp

(C)「風の色」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で