『旅猫リポート』新たに竹内結子の出演発表、福士蒼汰との初共演に「とても穏やかで居心地が良かった」

福士蒼汰が主演を務める映画『旅猫リポート』が10月26日(金)に公開される。この度、新たに竹内結子の出演が発表された。

旅猫リポート

シリーズ累計40万部突破の有川浩原作の同名ベストセラー小説を映画化した本作。物語は、心優しい青年・悟(サトル)が、とある事情から飼えなくなってしまった愛猫・ナナと一緒に、新しい飼い主を探して日本各地を巡る旅に出るところから始まる。主人公・悟を福士蒼汰が、愛猫・ナナの声を高畑充希が担当。監督を『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などで知られる三木康一郎が務める。

旅猫リポート

竹内が演じるのは、福士演じる悟を幼少期から見守る親戚の叔母の法子(ノリコ)で、物語の鍵を握る重要な役どころ。本作で竹内と福士は初共演となるが、「福士さんは相手に無理させないようすごく穏やかに、細かい気配りをしてくれる方で、現場はとても居心地がよかったです」と竹内はコメントしている。

竹内結子 コメント

以前、実家で猫を飼っていたこともあり、猫は大好きで、オファーをいただいた時はまず嬉しかったです。台本を読み、ナナと悟のやりとりにボロボロと泣いてしまったのですが、とても心温まる作品だと感じ、「ぜひ、参加したい!」とお受けしました。

撮影現場は、スタッフ全員がナナに無理をさせない意識を持っていたので、適度な緊張感と優しいまなざしに包まれた現場でした。

福士さんとは初めてご一緒したのですが、福士さんも相手に無理をさせないよう細やかな気配りをしてくださるので、撮影期間はとても穏やかで居心地が良かったです。

ナナは少しカールがかかった独特な毛並みと少し生意気そうな表情だったり、仕草やたたずまいが、とにかく可愛いいんです。私は悟の叔母役を演じていたこともあって、悟とナナの旅を見守るような気持ちになりました。これからご覧になる方々も、そう感じていただけたら嬉しいです。

福士蒼汰 コメント

共演させて頂き大変光栄でした。今回初めてご一緒させて頂き、とても包容力のある方だと感じました。お芝居をさせて頂いている中で、竹内さん演じる法子のまとう女性の繊細さと強さの両面に、悟として大きな影響を受けました。

映画『旅猫リポート』は10月26日(金)より全国公開

©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

旅猫リポート

旅猫リポート

4.8
2018/10/26(金) 公開
出演
出演:福士蒼汰/広瀬アリス/大野拓朗/山本涼介/前野朋哉/田口翔大/二宮慶多/中村靖日/戸田菜穂/橋本じゅん/木村多江/田中壮太郎/笛木優子/竹内結子 ほか 声の出演:高畑充希/沢城みゆき/前野智昭 ほか
監督
監督:三木康一郎/原作:有川浩