池田エライザ、“ひきこもり”な一面を暴露!?『ルームロンダリング』名古屋でトークイベント開催

映画『ルームロンダリング』トークイベントが5日、名古屋PARCOにて行われ、主演の池田エライザが出席した。

ルームロンダリング

ファンからのあたたかな声援で迎えられた池田は、前日大阪から始まった地方キャンペーンについて聞かれると「多くの方に『ルームロンダリング』を観ていただきたいので、一生懸命、この映画に込めた想いをお伝えしてきました」と語る。

今回池田が演じたのは、人付き合いが苦手、彼氏ナシ、こじらせ真っ只中の主人公、御子。実は素の自分と近いと言うが、「人付き合いが苦手で、でも身内にはぶっきらぼうというか内弁慶な部分が似ているなと思います。基本的な生活スタイルも似ています。御子ちゃんがちゃぶ台で絵を描いているシーンがあるのですが、普段の自分の姿にそっくりなんです!私も自宅で、同じような姿勢で絵を描いてます。私、ひきこもりなんですよ!(笑)休みの日は、ベッドから一歩も動かないこともよくあるぐらい」と、キャラクターと自分の共通点を披露し周りを驚かせた。

そんな普段の自分と変わらないキャラクターを演じることについては、「たしかに似ている部分が多いキャラクターですが、私自身は御子ちゃんのように天涯孤独ではないので、寄り添いきれない部分も結構ありました。御子ならどうするかな?と、クランクインの半年ぐらい前から考え続けて、撮影に挑みました」と語った。

本作の片桐監督は、池田演じる主人公・御子と、健太郎が演じる御子の隣人役・亜樹人のことを自分の分身だと話しているが、池田は「幽霊たちも含め個性的なキャラクターが登場しますが、それぞれのキャラクターたちのどこかしらに、自分と重なる部分があると思うんです」と答えた。

また、片桐監督との関係や現場の雰囲気を聞かれると、「監督に細かく演出されたというよりは、『御子はこう言うよね』『御子ならこんな風に行動するよね』と細かく話し合って、作り上げていきましたね。スタッフ、キャストみんなが心を込めて丁寧に一生懸命に作り上げていった現場でした。御子が着ている服や小物にも一点一点こだわりが詰め込まれているんです」と撮影の裏側を明かした。

この日池田の脇に抱えられていたのは、劇中で主人公が肌身離さず持ち歩いているアヒルのランプ。ユーレイが近づくと点滅してお知らせしてくれる優れモノだ。「この子の名前は『ジョセフィーヌ』です。今は一緒に映画の宣伝をしています!実際に撮影に使った本物のランプなんです。最近、このランプを買ったよ!というファンの方もいらっしゃるみたいで(笑)人気者です」と笑顔で語った。

最後に、映画の公開を楽しみに待つ観客へのメッセージとして、「幽霊とか事故物件というキーワードで怖い映画かな?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、気楽な気持ちで本作を観てほしいです。些細な一歩かもしれませんが、御子ちゃんを見て、観客の方が少しでも前向きな気持ちになってくれたら嬉しいです。皆さんの背中を押してくれる存在の映画だと思います。ぜひご覧になってください!」と語り、笑顔でトークショーを締めくくった。

映画『ルームロンダリング』は7月7日(土)より全国公開

(C)2018「ルームロンダリング」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ルームロンダリング

ルームロンダリング

4.2
2018/7/07(土) 公開
出演
池田エライザ/渋川清彦/健太郎/光宗薫/オダギリジョー ほか
監督
片桐健滋