変わらないプーと“変わってしまった”ロビン…ディズニー実写『プーと大人になった僕』本編映像

9月14日(金)に公開される映画『プーと大人になった僕』より、堺雅人が声を吹き込んだクリストファー・ロビンと、彼の大親友プーが、ロンドンから列車に乗り、100エーカーの森へ向かう本編シーンが一部解禁された。

プーと大人になった僕

仕事中心の生活をおくる、大人になったクリストファー・ロビンは、電車の中でさえ忙しそうに仕事をしている。そんなクリストファー・ロビンをよそに、プーは、窓から外を眺め「家・・木・・」とつぶやきながら、“目にはいったモノを言うゲーム”をはじめる。プーのつぶやきに対して、仕事の邪魔だといわんばかりに「プー静かにしてくれ」とお願いするクリストファー・ロビン。注意をされたものの、マイペースなプーは、小声で「家・・木・・」と一人遊びを再開する。

プーのかわいらしさ全開のシーンになっている一方、電車の中までも仕事に追われ、クリストファー・ロビンが心に余裕がなくなっている様を現している。少年時代の心を忘れたクリストファー・ロビンと、昔と何ら変わらないプー。このシーンは、その後のクリストファー・ロビンの心の変化がわかる大切なシーンになっている。


1966年に初めて映像化された短編アニメーション『プーさんとはちみつ』以降、これまで短編・長編映画やオリジナルビデオ、テレビシリーズなど多数のアニメーション作品が作られてきたディズニーの国民的人気キャラクター「くまのプーさん」。

実写映画化は初となる本作は、2011年に公開された『くまのプーさん』で、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが「僕のことを忘れないって約束して」と約束を交わした感動の別れの後、大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーさんの奇跡の再会からはじまる感動の物語。主人公の大人になったクリストファー・ロビン役にユアン・マクレガー、監督にをマーク・フォスターが務める。

映画『プーと大人になった僕』は9月14日(金)より全国公開

©2018 Disney

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

プーと大人になった僕

プーと大人になった僕

3.8
2018/9/14(金) 公開
出演
ユアン・マクレガー/ヘイリー・アトウェル ほか
監督
マーク・フォスター