『生きてるだけで、愛。』レインダンス映画祭で拍手喝采、趣里の演技力に絶賛の嵐

映画『生きてるだけで、愛。』が9月26日(水・現地時間)に開催された第26回レインダンス国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、10月2日(火・現地時間)に主演の趣里と関根光才監督がレッド―カーペットとQ&Aに出席した。

生きてるだけで、愛。

映画祭のメイン会場となるVue Cinema London(ビュー・シネマ・ロンドン)のレッドカーペットに登場した趣里と関根光才監督。趣里は「TOGA」の紫のワンピースと「JiL Sander」の靴を着用し、颯爽とレットカーペットを歩いた。

レッドカーペット直後の上映前に登壇した関根監督は「皆さん、こんばんは。本日はお越しいただきまして、ありがとうございます。映画が上映されることを大変光栄に思っています。皆さんがこの映画を楽しんで観てくれることに期待しています」と満席となった会場内の観客に英語で挨拶し、コンペ部門に招待してくれた映画祭に感謝の意を述べた。

その後、趣里と関根監督は満員の観客と一緒に映画を鑑賞。映画が終了すると、会場は大きな拍手と歓声に包まれた。観客席から舞台上に登壇した趣里は、鑑賞した観客から、素晴らしい演技を見せた本作でどのような役作りをしたかを尋ねられると、「まずは脚本の中の『寧子』のことを考え、理解することに努めました。私は、過去に、怪我でバレエをやめなくてはいけなくなり、希望を失った中で生きなくてはならない葛藤を経験しました。寧子を通して、そのときの自分を思い出しました」と答え、自分と寧子にある共通点を踏まえながら、役柄を理解していったことを明かした。

生きてるだけで、愛。

続けて、観客から「“うつ病”という社会的な問題にも焦点を当てたかったのか」と問われると、監督は「この問題は僕たちがどこに住んでようと共通する普遍的な問題だと思います。人間社会の中で生きていればこういった問題には必ず直面します。うつ病の方々は助けを求めることも難しいですし、話題にもできないかもしれません。この作品を創ったことによって、この問題が解決できるとは思っていないですが、苦しんでいる方々を元気づけたいという思いはありました」と話す。

趣里は「私は、そう鬱という症状を持つ寧子を演じていて、何が正しくて、何が間違っているのか、わからない部分がありましたが、日本はどちらかと言うと、『こうあるべきだ』と決めつけられてしまう、風潮があるかもしれません」と続き、観客の質問に丁寧に答えていた。

映画を鑑賞した観客の感想は「本当に感動しました。趣里さんの演技が力強く、ゆさぶられました。」「昨今こんな演技できる女優さんいないと思います!」「普段扱われていないテーマに切り込んでおり、趣里さんの演技も含め、本当に素晴らしかった。映像美がとにかく圧巻の美しさ。是非もっとヨーロッパの観客に見てほしいと思う。」と多くの称賛の声があり、登壇した2人は、観客の反応に手ごたえを感じた様子だった。

本作をコンペティション部門に選出した「レインダンス映画祭プログラミング・チーム」は、「素晴らしい演出とキャストの力強い存在感、そして斬新な映像美が見事に融合した圧巻の作品だ」と評し、本作を激賞している。コンペティション部門に出品された本作を含む全10作品の中から作品賞が選出され、発表は現地時間の10月5日(金)を予定している。

映画『生きてるだけで、愛。』は11月9日(金)より全国公開

(C)2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

生きてるだけで、愛。

生きてるだけで、愛。

0.0
2018/11/09(金) 公開
出演
趣里/菅田将暉/田中哲司/西田尚美/松重豊/石橋静河/織田梨沙/仲里依紗 ほか
監督
関根光才