トム・ハーディ「ヴェノムはとんでもなく最高だ!」、大熱狂のワールドプレミア開催

映画『ヴェノム』のワールドプレミアがLA現地時間10月1日(月)夕刻に行われ、トム・ハーディ、ミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド、ルーベン・フライシャー監督らが参加した。

ヴェノム

会場となったリージェンシーヴィレッジシアターには、世界中からの報道陣と『ヴェノム』をモチーフにしたTシャツやグッズを身にまとい、中にはリアルな『ヴェノム』メイクを顔面に施した気合いの入ったファンが集まった。世界中の期待を集めて続けてきた『ヴェノム』だが、今までストーリーはおろか、あらゆる情報が封印されてきた作品だけに、世界初お披露目となる会場はイベント開始前にも関わらず熱気が溢れた。

そんな会場にはマーベル史上最も残忍な悪『ヴェノム』をイメージし、レッドカーペットならぬ漆黒のブラックカーペットが敷かれ、『ヴェノム』を描いたアーティスティックなファンアートが壁面を飾る演出が、ますますファンを盛り上げた。

ヴェノム

レッドカーペットに登場したのは、主人公エディとヴェノムの声を演じるトム・ハーディ。「ヴェノムはとんでもなく最高だよ!すごいキャラクターだ。ダークなトーンで、スリラーとホラーの要素がありつつ、力強いエネルギーにあふれている。そんなヴェノムが大好きだ!」と興奮気味にコメント。「僕にとっては、ハリウッド的なスーパーヒーローの世界にヴェノムがいないのはありえない。これならみんなが納得いくヴェノムを創り出せたと思うよ!」と自身の息子も大好きだったというヴェノムについて熱く語る一面を見せた。

トム・ハーディ コメント


ヴェノムはとんでもなく最高だよ!すごいキャラクターだ。ダークなトーンで、スリラーとホラーの要素がありつつ、力強いエネルギーにあふれている。そんなヴェノムが大好きだ!

なぜ人々がヴェノムに惹かれるかわかるよ。僕も愛があるからね。すぐにわかる。

ヴェノムを演じられたことはとても光栄でありがたいことだ。コミックのファンの世界から来た訳ではないけれど、彼は素晴らしいよ。彼とならなんだってできる。彼は言いたいことを言うし、やりたいことをやる。生まれながらの善悪の観念があるけど、原始的でもあるから善は無意味になる。

僕にとっては、ハリウッド的なスーパーヒーローの世界にヴェノムがいないのはありえない。これならみんなが納得いくヴェノムを創り出せたと思うよ!

ミシェル・ウィリアムズ コメント


トム・ハーディみたいな俳優を他に知らないわ!彼には出来ないことがないし、彼がすること全て裏表なく、しっかりしていて、リアルなのよ。

(この映画は)あなた自身の悪の本質と戦うようなものね。あなたの頭の中に聞こえる声が、本来すべきではないと分かっていることをするように指示してくるのよ。

映画『ヴェノム』は11月2日(金)より全国公開

©&TM 2018 MARVEL

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ヴェノム

ヴェノム

4.0
2018/11/2(金) 公開
出演
トム・ハーディ/ミシェル・ウィリアムズ/リズ・アーメッド/スコット・ヘイズ/リード・スコット ほか (日本語吹き替え)中村獅童/諏訪部順一/中川翔子 ほか
監督
ルーベン・フライシャー