『ヴェノム』4DX映画史上、最も“破壊力”満載のアクションに期待!

11月2日(金)より全国の4DXシアターにて公開される映画『ヴェノム』。4DXファンのなかでは「マーベル映画は絶対4DXが楽しい!」という公式も生まれており、今回4DX映画史上、最も破壊力満載のアクションを披露する本作に期待の声が集まっている。

ヴェノム

主人公のエディ(トム・ハーディ)が<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体に寄生されてしまい、エディの体にとてつもない変化が起こり始める。解き放たれた「悪」が、体を蝕み増殖していくにつれ4DX効果も激化していく。この演出により、まるで自分もエディと同様に、徐々に4DX劇場に浸食されていくような感覚が体験できる。4DX演出は、本編開始から最高潮に達し、風やモーションチェアの振動により、耐えられないほどのスリル感を全身で味わえる。

ヴェノム

超高層ビルでのアクションシーンや、サンフランシスコの街をバイクで駆け抜けるチェイスシーン、熱風、フラッシュ、風の効果の効果が極限に発揮された爆発シーンでは、「破壊的な4DX演出」が披露され、まるで爆発に巻き込まれたかのような感覚に!?とにかく手に汗を握る、本格的な4DX演出が駆使され、スリル、爽快感も最高潮になるはずだ。

今回、360度映像に加え、「FEEL THE FIRST ANTI-HERO action in 4DX」というメッセージが刻まれた4DXオリジナル・イラストも到着した。

映画『ヴェノム』は11月2日(金)より全国公開

©&TM 2018 MARVEL

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ヴェノム

ヴェノム

4.1
2018/11/2(金) 公開
出演
トム・ハーディ/ミシェル・ウィリアムズ/リズ・アーメッド/スコット・ヘイズ/リード・スコット ほか (日本語吹き替え)中村獅童/諏訪部順一/中川翔子 ほか
監督
ルーベン・フライシャー