『ボヘミアン・ラプソディ』2週連続No.1、前週比110%で驚異の動員スピード記録

伝説のバンド<クイーン>。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』が2週連続No.1を独走し、快進撃を続けている。

ボヘミアン・ラプソディ

週末(11月17日、18日)578スクリーンで動員262,913人、興行収入3億8850万円を上げ、先週の公開週末対比で驚異の110%を記録した。週末までの累計で累計動員929,326人、累計興収13億2,144万円を達成した。これは『グレイテスト・ショーマン』(最終興収53億円)の2週目週末の興収対比で107%。劇場では満席・完売が続出し、クイーン世代夫婦、女性同士、大学生~20代男女を含む幅広い層が駆けつけている。SNSでは芸能人、著名人による胸アツなコメントも溢れ、さらなる客層の拡がりを見せている。

またファンの熱い要望に応えて先週末から全国109館にて“胸アツ”応援上映が順次行われ、リピーターも続出し、各地で大喝采を博している。

11月24日(土)はフレディ・マーキュリーの命日で、一部劇場ではメモリアル記念となるフレディのメッセージつきポストカードを配布予定。日本を愛し、日本人に愛されたクイーンの第3次ブームとなる社会現象はまさにドント・ストップ・ミー・ナウ状態だ。

さらに、全米では3週目に1億2790万ドル(約144億円)を突破し、全世界興行収入は3億8,400万ドル(約433億円)に達した。英国では累計4,533万ドル(約51億円)に達し『ラ・ラ・ランド』の累計興行収入を上回った。韓国では3週目週末では公開週末の150%を記録し、累計2,452万ドル(約27億円、フランス、メキシコ、オーストラリア、ドイツ、スペインなどでは2週目、3週目に入っても落ちが少なく、78ケ国で快進撃を続けている。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は全国公開中

(C)2018 Twentieth Century Fox

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ

4.6
2018/11/09(金) 公開
出演
ラミ・マレックフ/ジョセフ・マッゼロ/ベン・ハーディ/グウィリム・リー/ルーシー・ボイントン/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ ほか
監督
ブライアン・シンガー