King & Prince平野紫耀、“恋の告白”は自分から!“労い”の意味を勘違いする天然ぶりも発揮

映画『ういらぶ。』公開御礼イベントが19日、都内・TOHOシネマズ日比谷にて行われ、主演を務めた平野紫耀(King & Prince)が登壇した。

ういらぶ。

イベントでは、【平野紫耀のなんでも答えまSHOW〜!】と題した、SNSで募集した質問やリクエストに平野が答えるコーナーが。「何かをめぐって争ったことはありますか?」との質問に、平野は「ないですね!」と即答。「基本何でも譲っちゃう。喧嘩になりそうだったら『はい!どうぞ!』ってすぐ譲っちゃう」と明かし、もし好きな子がメンバーの間で取り合いになったとしたら「それは譲りたくない!そういう時は譲らない!」と男らしい一面をのぞかせた。

続けて、兼業主婦から「どんな風に奥さんを労いますか?」との質問に、平野は「ちょっとこれ難しいのがいっぱい入ってるぞ…次行きましょう!」と、“兼業主婦”と“労い”の文字に首をかしげる。“労い”について、平野は「お金のやつ?『もうちょい安くしてよ〜』ってやつ?」と“労い”と“値切る”を勘違いしている様子。天然を発揮した一幕に、会場からは笑いと黄色い歓声が沸き起こった。

“労い”の意味を理解した平野は、「奥さんより早めに帰宅して、部屋を飾りつけて、プレゼントも用意して、帰ってきたら『いつもありがとう!』って伝えます」と応えた。

また、元彼の存在が忘れられない女性から「前に進むためにはどうしたらいいですか?」とのお悩みが届くと、平野は「ん〜わからん!」と考え込む。「忘れられなかったら戻ればいいじゃん!本当に好きな人だったら、別れて何年か経っても戻ると思うんですよ!運命的に。それを信じて、頑張ってください!」と素直に答えていた。

さらに、「男子は告白されたい?」との声に、平野は「僕は男として告白されたくないです!『平野くん…私、ずっと前から…』ってなった瞬間に『ちょっと待って!』ってなる。男として僕から言いたいですね!」と明かし、会場を沸かせた。

映画『ういらぶ。』は全国公開中

(C)2018 『ういらぶ。』製作委員会 (C)星森ゆきも/小学館

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ういらぶ。

ういらぶ。

4.1
2018/11/09(金) 公開
出演
平野紫耀(King & Prince)/桜井日奈子/玉城ティナ/磯村勇斗/桜田ひより/伊藤健太郎 ほか
監督
監督:佐藤祐市/原作:星森ゆきも