『青の帰り道』真野恵里菜、主演作封切りに涙…藤井道人監督「“背中”に教わったことがすごく多かった」

映画『青の帰り道』初日舞台挨拶が7日、都内・新宿バルト9にて行われ、真野恵里菜、森永悠希、戸塚純貴、秋月三佳、冨田佳輔、監督の藤井道人が登壇した。

青の帰り道

本作は、群馬県前橋市と東京を舞台にした7人の若者達の青春ドラマ。歌手を夢見る主人公カナ役に真野恵里菜、カナの親友キリ役に清水くるみ、唯一硬派でやんちゃなキャラクター・リョウ役に横浜流星が扮するほか、森永悠希、戸塚純貴、秋月三佳、冨田佳輔らが共演する。監督を『オー!ファーザー』『デイアンドナイト』などで知られる藤井道人が務める。

青の帰り道

約2年前の撮影から紆余曲折あり、代役の戸塚純貴を迎えての2度目の撮影を経て完成・公開初日を迎えた本作。主演の真野は、特に思い入れの強い本作の公開を迎え「嬉しい思いでいっぱいです!この作品がやっとみんなに届く。この作品で改めて映画を作ることの大変さを知りました。私は絶対に作りたいって思っていたんです…それにみんな(共演者・監督・スタッフ・関係者)が応えてくれた。純貴くんも相当なプレッシャーがあったと思うんですが、そういうのも見せずに頑張ってくれた。そうして大事にしてきた作品が私たちの元を離れるのは寂しいんですが、これから大きく羽ばたいてくれると嬉しいです」と感極まり涙。森永、戸塚、秋月、冨田、藤井監督も込み上げる想いを打ち明けた。イベントでは、清水くるみ・横浜流星からのメッセージ映像も放映された。

本作で父親の役所も演じている戸塚。真野は「いいパパになりそう!ナチュラルでおちゃらけたパパだった」と絶賛。戸塚が「子供だから毎回違うことをしてくるんです。加減を知らないから、本当に痛いときもあった(笑)」と笑みをこぼすと、真野は「でも、加減を知らないのは横浜流星もなのよ!私の手を振り払う時に本気で振り払うから、小道具に当たってパーンッて音がしたくらい。男女の喧嘩ってなかなかないんですが、それが剥き出しになった瞬間でした(笑)常に真剣だから」と暴露した。

座長・真野恵里菜について、藤井監督は「真野さんの背中に教わったことがすごく多かった。主演の真野さんにどんどんみんながついて行って円になっていく。みんなが尊敬しあってるなと思いました。素晴らしい時間でした」と感謝の言葉を贈った。

映画『青の帰り道』は全国公開中

(C)映画「青の帰り道」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

青の帰り道

青の帰り道

4.1
2018/12/07(金) 公開
出演
真野恵里菜/清水くるみ/横浜流星/森永悠希/戸塚純貴/秋月三佳/冨田佳輔/工藤夕貴/平田満 ほか
監督
藤井道人