「月曜から夜ふかし」で話題、“千葉の英雄”JAGUARが映画『翔んで埼玉』に出演

2019年2月22日(金)公開の映画『翔んで埼玉』。深夜番組「月曜から夜ふかし」の出演を機に、もはや千葉を飛び越え瞬く間に全国区の顔となった“千葉の英雄”JAGUARの出演情報が解禁となった。

翔んで埼玉

映画『翔んで埼玉』は、埼玉県人の愛と革命の物語。その昔、埼玉県人は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けており、身を潜めて生きるしかありませんでした。「ダさいたま、くさいたま、田舎くさいたま」等と罵られ、「さいたま」と口にするだけで“口が埼玉になる”とまで恐れられ、さらには彼らが東京都に出入りするには、通行手形がないと出入りすら許されない程の扱い。

東京屈指の名門校で生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は、東京都知事の息子であることを鼻にかけ、とりわけ埼玉県人には横暴な態度をとっていたのだが、ある日転校してきた帰国子女の麻実麗(GACKT)の登場により次第に心変わりしていく。実は、何かと埼玉県人を庇う麗の正体は、東京都知事となって埼玉県の通行手形撤廃を野望とする埼玉県人だったのだ。

翔んで埼玉

そんな、物語の中で“伝説の人物”とされる人物、それが埼玉デューク(京本政樹)。彼は埼玉県人でありながら、東京を歩いても誰からも疑われず、むしろ都会人に間違えられる伝説の埼玉県人。東京で虐げられていた埼玉県人たちに声を掛け、クーデターを仕掛けようとしていたが、何者かに正体を知られて命からがら逃げて行った…とされる。今回解禁となったJAGUARは、その“何者か”の正体。

埼玉が通行手形の撤廃をかけて戦う一方で、千葉県も同じく通行手形の撤廃を目論んでおり、そのためにJAGUARが演じる(?)“エンペラー千葉”が暗躍。ともに通行手形の撤廃を目論む同志として、埼玉側の伝説の人・埼玉デュークと、千葉側の伝説の人・エンペラー千葉は、因縁のライバルといっても過言では無い。

JAGUARは、“ジャガー星”から“ジャガー号”と呼ばれる宇宙船に乗って地球にやってきたジャガー星人であるが、千葉をこよなく愛する人物であり、千葉県人にとってはなくてはならない存在。そんな彼が、本作でどのような活躍をするのか。期待が高まる。

映画『翔んで埼玉』は2019年2月22日(金)より公開

(C)魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』/宝島社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

翔んで埼玉

翔んで埼玉

0.0
2019/2/22(金) 公開
出演
二階堂ふみ/GACKT/伊勢谷祐介/ブラザートム/麻生久美子/島崎遥香/成田凌/間宮祥太郎/加藤諒/益若つばさ/中尾彬/武田久美子/麿赤兒/竹中直人/京本政樹 ほか
監督
監督:武内英樹/原作:魔夜峰央