【特集】究極の映画体験。映画をIMAX®で観るべき理由とは──

最近、テレビやインターネットなどで「IMAX®」という言葉をよく目にするかと思います。何となく聞いたことがあるけど、「IMAX®って何がすごいんだろう?」「“普通に観る”のとどう違うの?」と疑問を抱いている人も多いはず…。そんな疑問を解消しつつ、「映画をIMAX®で観たい!」と思う理由を3つのポイントに分けてご紹介!

▶︎すべての要素にこだわり、世界最高レベルの臨場感を追求したのがIMAX®

IMAX

新しい上映システムの導入が進み、映画をより楽しめる環境が整いつつある昨今の映画業界。IMAX®とは、映像やサウンドのクオリティはもちろん、客席の角度やスクリーンからの距離などシアター空間全体を最高レベルに磨き上げた上映システムのこと。IMAX®の映像は従来の上映システムに比べて明るさ1.6倍。高性能デジタルプロジェクターを使用しているから、映像が圧倒的に鮮やか。そして床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンは、まさにIMAX®の象徴だ。

また、パワフルなサウンドシステムによってピンが落ちる音から火山の爆発音まで、幅広い音をクリアに再現し、腹の底にこたえる感動を生み出している。IMAX®はすべての要素にこだわって世界最高レベルの臨場感を追求しているため、他では味わえない映像の美しさや臨場感が体感でき、映画の世界観そのままに、よりリアルな映画体験を楽しむことができる。

つまり、従来の上映より「スクリーンが大きい!」「映像がキレイ!」「音が良い!」のが特徴!IMAX®で映画を観たら、今までの映画体験では満足できないかも!?


▶︎IMAX®で観るべき3つの理由

IMAX

 ① スクリーンが大きい!
IMAX®シアターに入ったら、まずはスクリーンの大きさに注目。床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンはIMAX®の特徴のひとつ。視野全体で映画を感じることができる。スクリーンと客席の距離が近く、表面も若干湾曲していることから、観客を映像が包み込み、まるで“映画の世界に入り込んだ”かのような臨場感を味わえる!

 ② 明るさ1.6倍の圧倒的な映像美!
従来の上映システムに比べて“明るさ”がなんと1.6倍!コントラストも1.3倍にアップ。高性能デジタルプロジェクターを使用しており、細部までくっきりと映し出される明るくクリアな映像は、これまでにない圧倒的なリアリティをもたらす。その美しさに、きっとあなたも息をのむはず!

 ③ カラダの芯まで揺さぶるIMAX®サウンド
お腹の底まで響く大音響から肩ごしに聞こえるささやき、さらに人の耳では捉えきれない音域までカバーすることで、微妙なニュアンスも忠実に再現。聴くというより、“全身で感じるようなサウンド”を実現している。カスタムな配置と完璧なチューニングで、実際に“その場にいる”かのような臨場感を生み出し、シアター内の“どこに座っていても”理想的なリスニング環境になるよう設計されているから驚きだ!


▶︎IMAX®の魅力をさらに存分に引き出した「IMAX®3D」にも大注目!

ここまで紹介したIMAX®のスゴいポイント3つに加え、より立体感や空間の奥行きを楽しめるIMAX®3D上映のにも大注目だ。映像自体が従来のシステムより1.6倍明るいため、3Dメガネをかけていても画面が暗く感じることなく映画を楽しむことができる。極めて鮮明な映像が、あなたの膝の上までリアルに迫ってくるダイナミックな映像体験に、言葉では表現しきれないほどの臨場感が待っています!


▶︎IMAX®で楽しむべき作品はコレ!

── 上映中 ──
映画『TAXi ダイヤモンド・ミッション』大ヒット公開中

TAXi
(C)2018 – T5 PRODUCTION – ARP – TF1 FILMS PRODUCTION – EUROPACORP – TOUS DROITS RÉSERVÉS

超絶ドライブテクの(でもスピード狂!)警官×街を熟知する(だが間抜けな!)タクシードライバー

問題だらけの警官マロは、ある日首都パリ警察から地方都市マルセイユへ左遷されてしまう。マルセイユ警察は、フェラーリなどの高級車を操り華麗に宝石を盗む、イタリアの強盗団にやられっぱなし。対抗できるのは秘密兵器を搭載した最速のタクシー、伝説のプジョー407しかない!マロは渋々ながら、持ち主の甥で間抜けなタクシードライバー、エディとタッグを結成。そんな中、5日後に世界最大のダイヤモンド“カシオペア”が到着する事に。強盗団はドローンも使用した完璧な作戦を立てていた…。凸凹コンビは伝説のタクシーと共に、無事ダイヤモンドを守れるのか!?

映画『クリード 炎の宿敵』大ヒット公開中

クリード
(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

ロッキー(シルヴェスター・スタローン)の指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニス(マイケル・B・ジョーダン)のもとに、かつて父アポロをリングで殺したイワン・ドラゴの息子ヴィクターとの対戦話が舞い込む。父に復讐を誓ったアドニスは、ロッキーの反対を押し切り因縁の一戦に臨むことにする。試合はヴィクターの反則行為により勝利したものの、納得のいく勝利を飾れなかったアドニスは、心身ともに調子を崩してしまう。同時に、婚約者のビアンカの出産も控え、父親になることへの不安も抱えていた。

アドニスの母親から頼まれたロッキーは、父親がいない環境で育ったアドニスに父親という存在の大切さをアドバイスする。父親となったアドニスはしばらく一線から遠のいていたが、「ボクシングが自分そのものだ」と気づき、ついにヴィクターとの再戦を決意する。父の復讐のため、師匠ロッキーのため、愛する家族のため、そして、<偉大な父>を超えるため──。

アドニスがリングに上がる本当の意味に気づいた時、リングの先で見つけた人生の<答え>とは──。

映画『アリー/ スター誕生』大ヒット公開中

アリー/スター誕生
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

父とふたりで暮らすアリー(レディー・ガガ)のたった一つの夢── それは歌手になること。昼はウェイトレスとして働き、夜は小さなバーで歌う日々。自分に自信がなく、夢を諦めかけていた彼女は、ある日1人の男性と出会う。それは、世界的シンガーのジャクソン(ブラッドリー・クーパー)だった。「アリー、あの歌を聴かせてくれ。」──

歌にほれ込んだジャクソンに導かれるように、瞬く間にスターダムを駆け上っていくアリー。2人は激しく恋に落ちるが、脚光を浴び続けるアリーとは反対に、既に全盛期を過ぎたジャクソンは歌う力を失っていってしまい…。ラストステージ── ジャクソンの愛が、アリーの覚悟が、そして2人の歌が、見るものすべての心を震わす圧巻の感動エンターテインメント。

映画『ドラゴンボール超 ブロリー』大ヒット公開中

ドラゴンボール
(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

これは、新たな〝サイヤ人〟の物語。

「力の大会」後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修業に明け暮れていた。そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ──。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』大ヒット公開中

ボヘミアン・ラプソディ
(C)2018 Twentieth Century Fox

「世界で最も売れたアーティスト」に名を連ね、マイケル・ジャクソンやエアロスミスらと共にロックの殿堂入りを果たし、日本でもスポーツシーンやドラマ、CMなどで世代を問わず誰もが耳にしたことのある伝説のロックバンド、クイーン。1991年に惜しくもこの世を去った史上最高のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの姿を描く。

魂が乗り移ったかのようにフレディを生きたのは、『Mr.Robot/ミスター・ロボット』でエミー賞受賞俳優のラミ・マレック。監督は『X-MEN』シリーズ、『ユージュアル・サスペクツ』のブライアン・シンガー。クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を務め、甦った32もの不朽の名曲には主にフレディ自身の歌声が使われ、その唯一無二のヴォイスは心臓に鳥肌が立つほどの感動を呼び起こす。


── 公開予定 ──
映画『アクアマン2月8日(金)公開

アクアマン
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & (C)DC Comics”

海底の奥深くから、人類の征服を目論む未知の世界が攻めてくる!未知の文明と最狂の巨大海底モンスターたちを携えたアトランティス帝国の王に立ち 向かえるのはただひとり。海の生物すべてを味方にできる男、アクアマン。人間として育てられながらも海底帝国の血を引くこの男は、規格外の能力を秘めていた。人類を 襲う未曽有の脅威と、どう戦うのか!?

映画『ファースト・マン2月8日(金)公開

ファースト・マン
(C)Universal Pictures

まだ携帯電話も無かった時代に、月へと飛び立ったアポロ11号。人類初の月面着陸という、前人未踏の未知なるミッションにして、人類史上最も危険なミッションが、アポロ11号船長ニール・アームストロングの視点で描いていく。

メガホンを取るのは、アカデミー賞3部門受賞『セッション』で全世界から脚光を浴び、続く『ラ・ラ・ランド』では最年少記録となる監督賞の受賞を含むアカデミー賞6冠に輝き、評価と人気を確立させたデイミアン・チャゼル。『ラ・ラ・ランド』よりも先に企画されていたという入魂の最新作『ファースト・マン』では、再び演技派ライアン・ゴズリングとタッグを組み、息を呑むほどの緊張感とダイナミックな映像で、まるで宇宙空間を旅しているような臨場感を体感させる大迫力のエンターテインメント作品で新境地を切り開いた。アームストロング役には、ゴールデングローブ賞受賞の演技派ライアン・ゴズリング。アームストロングを支える妻ジャネットを、『ドラゴン・タトゥーの女』シリーズ最新作で主演に大抜擢されたクレア・フォイが演じる。音楽は、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞受賞のほかチャゼル監督をデビュー作から支えるジャスティン・ハーウィッツが務める。


▶︎IMAX®劇場一覧

【北海道】
ユナイテッド・シネマ札幌

【東北地区】
TOHOシネマズ仙台

【関東地区】
TOHOシネマズ日比谷
TOHOシネマズ新宿
109シネマズ二子玉川
T・ジョイ PRINCE品川
109シネマズ木場
ユナイテッド・シネマとしまえん
横浜ブルク13
TOHOシネマズららぽーと横浜
109シネマズ川崎
109シネマズ湘南
USシネマちはら台
成田HUMAXシネマズ
ユナイテッド・シネマ浦和
109シネマズ菖蒲
シネマサンシャイン土浦

【中部地区】
109シネマズ名古屋
イオンシネマ大高
ユナイテッド・シネマ豊橋18

【近畿地区】
TOHOシネマズなんば
109シネマズ箕面
109シネマズ大阪エキスポシティ
ユナイテッド・シネマ岸和田
TOHOシネマズ二条
シネマサンシャイン大和郡山

【中国・四国地区】
広島バルト11
福山エーガル8シネマズ
シネマサンシャイン衣山

【九州地区】
ユナイテッド・シネマキャナルシティ13
鹿児島ミッテ10

IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation. © 2018 IMAX Corporation.