三浦春馬×多部未華子『アイネクライネナハトムジーク』斉藤和義による主題歌「小さな夜」流れる予告お披露目

作家・伊坂幸太郎の“初”にして“唯一”の恋愛小説集を三浦春馬主演で映画化した『アイネクライネナハトムジーク』が9月より公開される。この度、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

アイネクライネナハトムジーク

原作「アイネクライネナハトムジーク」は、2014年に単行本が発売され、2017年に文庫化、現在に至るまでに42万部(電子書籍を除く)を売り上げるベストセラーで、「アイネクライネ」に始まり「ナハトムジーク」で終わる6章の短編から成る。6章の短編の中には、登場人物それぞれに伏線が敷かれ、最終章でそれが回収されるという伊坂ならではの仕掛けがあるが、映画でもそれが三浦春馬演じる佐藤という男を中心に展開していく。監督を『パンとバスと2度目のハツコイ』などで知られる今泉力哉が務める。

予告編では、3度目のカップル共演となる三浦春馬演じる佐藤と多部未華子演じる紗季の雲行き怪しい会話から始まりつつも、2人の出会いの様子が描かれている。佐藤の大学の同級生で矢本悠馬演じる織田一真と、森絵梨佳演じる由美は結婚して子供も2人おり幸せそうな家庭を築いている。一方で、由美の友人の貫地谷しほり演じる美容師・美奈子は、電話の相手に「今のままがいいというか・・・」とつぶやき悩んでいる様子も。

映像では、注目の若手俳優・恒松祐里と萩原利久演じる高校生たちも登場。爽やかな斉藤和義らしさ溢れる主題歌『小さな夜』にのせて、“それぞれの10年間”が巧みに絡み合い、佐藤と紗季の恋が何か動き出しそうな予感を感じさせる切なくも愛おしい予告編となっている。

映画『アイネクライネナハトムジーク』は2019年9月に全国公開

(C)2019 映画「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

5.0
2019/09/20(金) 公開
出演
三浦春馬/多部未華子/原田泰造/矢本悠馬/森絵梨佳 /恒松祐里/萩原利久/成田瑛基/こだまたいち/貫地谷しほり/MEGUMI/濱田マリ/八木優希/伊達みきお/富澤たけし ほか
監督
監督:今泉力哉/原作:伊坂幸太郎