松坂桃李にシム・ウンギョンが「ナウいですね!」、『新聞記者』完成披露イベントで質問攻め

映画『新聞記者』完成披露試写会が4日、都内・丸の内ピカデリーにて行われ、キャストのシム・ウンギョン、松坂桃李、田中哲司、北村有起哉、高橋和也、監督の藤井道人が登壇した。

新聞記者

「報道メディアは権力にどう対峙するのか」を問いかける衝撃作。望月衣塑子(東京新聞記者)のベストセラー「新聞記者」を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者(シム・ウンギョン)と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚(松坂桃李)との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリーとなる。

新聞記者

日本映画で初主演を果たすシム・ウンギョン。「(韓国映画との違いについて)撮影期間がちょっと違います。日本はインディーズだと2週間でも撮れる映画がたくさんあることに驚きました」と流暢な日本語で話し、「最初は、この映画を撮れるか悩んだ時期もありましたが、自分が持っている集中力を全部出して頑張りました!この映画で自分の芝居も成長できたと思います」と撮影を振り返った。

新聞記者

松坂は「ギュッと詰まったスケジュールの中で、監督をはじめスタッフ・キャスト一丸となってやらせてもらった。役柄的に、結構ズシンとくるシーンが本当に多く、メンタル的に気持ちを上げるのが難しかった」と、これまでにないチャレンジングな作品だったことを明かす。

新聞記者

イベントでは、シムが記者として松坂らに質問をする一幕が。「セリフを覚える時、どこで覚えますか?」との質問に、田中は「僕は外を歩きながら」と答える。するとシムは「言い切れますか?」と意味深に問い詰め、笑いをさらった。松坂は「すごい真に迫ってる(笑)」と笑みをこぼしていた。

新聞記者

一方で松坂は、同質問に「肉を焼きながら、とか。何かをしながら覚えます。何か自分に負荷を与えながら覚えてます」と回答。続けて、「お休みの日はどんな風に過ごしていますか?」と聞かれると「ひたすらテレビを見たりしています。ダラダラ〜っと(笑)ニュースやアニメ、ドラマとかをずーっと見てます(笑)」とハニカミ。シムは「私も同じです!」と答えていた。

新聞記者

さらに、シムから「最近…泣いたことはありますか?」とピンポイントで聞かれた松坂は「滅多に泣かないんです!なんだろう…こないだ肘を思いっきりガンッと…ものすごく痛くて思わず涙は出ました!」と告白。だが、シムが求めていたのは、北村が話した「この映画観て何回もグッときましたよ」ということだったようで、察した松坂は「何も言えなくなる(笑)」と崩れ落ち笑いをさらう。シムも「だから質問したのに(笑)」と笑みをこぼしていた。

逆に松坂から「気に入っている日本語はありますか?」とシムに質問。「あります!!」と即答するシムは、「ナウい!(松坂を見て)今日ナウいですね!」とお茶目な一面をのぞかせた。

映画『新聞記者』は6月28日(金)より全国公開

(C)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

新聞記者

新聞記者

4.1
2019/6/28(金) 公開
出演
シム・ウンギョン/松坂桃李/本田翼/岡山天音/郭智博/長田成哉/宮野陽名/高橋努/西田尚美/高橋和也/北村有起哉/田中哲司 ほか
監督
藤井道人