オーランド・ブルームが復讐の鬼と化す!7.22公開『復讐の十字架』予告編

オーランド・ブルームが主演を務める映画『復讐の十字架』の公開が7月22日(月)より、東京・新宿シネマカリテにて開催される「カリコレ(R)2019」にて決定し、あわせてポスタービジュアル・予告映像が到着した。

復讐の十字架

主演を務めるのは、『ロード・オブ・ザ・リング』『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで日本でも絶大な人気を誇るオーランド・ブルーム。彼が今回挑むのは、幼い頃のトラウマに囚われた復讐者。本作ではこれまでのイメージを払拭する、暗く静かながらも激しい怒りを内包する複雑なキャラクターを演じきり、重厚でサスペンスフルな物語を見事に体現している。

予告編には、25年前に未だ消えない忌まわしい記憶を植え付けた司祭を見かけたことにより、怒りや憎しみといった負の感情が巻き起こり、何かに取り憑かれたかのように一心不乱に解体中の教会の壁にハンマーを振り下ろし、抑えきれない暴力性により他人どころか自らを傷つける主人公・マルキーの鬼気迫る様子が収められている。

映画『復讐の十字架』は7月22日(月)より公開

(C)WSG Film Romans Ltd 2016, All Rights Reserved

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で