横浜流星×飯豊まりえ『いなくなれ、群青』ムビチケ発売、特典の限定ポストカード詳細明らかに

横浜流星が主演を務める映画『いなくなれ、群青』のムビチケ(前売り券)が全国の上映劇場にて発売される。

いなくなれ、群青

第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター読みたい本ランキング」第1位を獲得した河野裕による青春ミステリー小説『いなくなれ、群青』を実写映画化した本作。「七草」演じる主演・横浜流星、「真辺由宇」演じる飯豊まりえのほか、黒羽麻璃央、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆らが出演。監督は、アメリカの高校在学中の2001年に短編映画でバッカイフィルムフェスティバルのオハイオ州優秀賞を受賞し、帰国後、カメラマン・映像監督として活動をしてきた新鋭・柳明菜が務める。

いなくなれ、群青
『いなくなれ、群青』ムビチケカード

本作のムビチケが本日より全国の上映劇場にて発売。ムビチケを購入すると1枚につき1セット、劇中の場面カットや原作書籍の表紙がデザインされた、限定ポストカードがプレゼントされる。今回のポストカードはキャスト陣の新規カットばかりで、本作の美しい世界観を堪能できる仕上がりとなっている。さらに、原作文庫の貴重なバウンド・プルーフ(関係者向け見本)用のビジュアルもポストカードのデザインとして使用されており、映画の公開を待つファン、原作小説のファンにとっては必携の特典に。

いなくなれ、群青
『いなくなれ、群青』特典ポストカード

さらに七草演じる横浜流星・真辺演じる飯豊まりえのほかの出演者が演じるキャラクターも発表となった。七草・横浜流星、真辺・飯豊まりえ、そして矢作穂香は、人と話すのが極端に苦手な、おとなしい女子・堀、松岡広大は七草の友人でゲームミュージックがないと落ち着かない・佐々岡、松本妃代は眼鏡が似合う優等生の学級委員長・水谷、中村里帆は心にトラウマを抱えるヴァイオリニスト・豊川、そして、黒羽麻璃央は、七草が唯一心通わせる友人であり孤高の文学青年・ナドを演じる。さらに、七草や真辺が通う学校の担任トクメ先生を伊藤ゆみ、階段島の郵便局員・時任を片山萌美、階段島のタクシー運転手・野中を君沢ユウキ、七草が住む三月荘の管理人・ハルを岩井拳士朗が演じる。

映画『いなくなれ、群青』は9月6日(金)より全国公開

(C)河野裕/新潮社 (C)2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

いなくなれ、群青

いなくなれ、群青

4.8
2019/9/6(金) 公開
出演
横浜流星/飯豊まりえ/矢作穂香/松岡広大/松本妃代/中村里帆/黒羽麻璃央/伊藤ゆみ/片山萌美/君沢ユウキ/岩井拳士朗 ほか
監督
監督:柳明菜/原作:河野裕