『新聞記者』シム・ウンギョン×松坂桃李、興収4.1億円&動員30万人突破の大ヒットに感激

映画『新聞記者』大ヒット御礼舞台挨拶が23日、都内・新宿ピカデリーにて行われ、シム・ウンギョン、松坂桃李が登壇した。

新聞記者

「報道メディアは権力にどう対峙するのか」を問いかける衝撃作。望月衣塑子(東京新聞記者)のベストセラー「新聞記者」を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者(シム・ウンギョン)と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚(松坂桃李)との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリーとなる。

新聞記者

6月28日(金)より公開され、連日各地で満席続出の大ヒットを記録している本作。7月22日(月)の時点で観客動員数33万人、興行収入4.1億円を突破。毎週約10万人の動員を維持し、3週間を過ぎることは映画界では異例。全国各地の劇場支配人からも「新聞記者現象」と驚きの声が上がっている。

新宿ピカデリーの支配人から「連日、ほぼ満席でお問い合わせが殺到しています。普段、このジャンルの作品ではあまり見ることのない若い方たちにも多く足を運んでいただいており、改めて邦画の素晴らしさを感じています」、角川シネマ有楽町の支配人から「多くのお客様がエンドロールの最後まで席を立たず、そして拍手が沸き起こることも珍しくない。ここまでお客様の熱を感じられる作品を私は知りません」、イオンシネマ シアタス調布の支配人から「この作品ほど、鑑賞後に『このお客様はどう感じられたのだろうか?』と気になった作品はありません」などと、映画・観客の熱量が感じられるコメントが到着。

新聞記者

松坂は「若い世代の方々にも観ていただけているのはすごく嬉しい。(上映が終わった後に)拍手が起こるということは、映画の熱量とお客様の熱量を感じます。実際に現場での声を聞けるのは嬉しいです。コメントしてくださった支配人の方々、本当にありがとうございます!」と吐露。シムも「(喜びが)計り知れません!初めての経験です。今までの私の作品の中でも珍しい。感激です!『おおきに!』ですね(笑)」と喜びをあらわにした。

イベントでは、観客からの花束の贈呈もあり、受け取った松坂は「この作品で花束をもらうのは2回目。1回目はクランクアップした時、そして今。現場のことが一瞬フラッシュバックしましたね。すごく熱量のある中でスタッフ・キャスト一同やっていたので、その想いが皆さんと少しでも近い気持ちになれたかと思うと、すごく有難いし、嬉しい気持ちでいっぱいです」と感慨深い様子だった。

新聞記者

最後にシムは「今日皆さんに会えて、この映画に対する熱量を感じられて、感無量です。これからも、どんな選択の分かれ道でも迷わない力が皆さんに届きますように。願っています」とコメント。

松坂は「公開してから約1ヶ月。そうして皆さんと会えることはなかなかないこと。皆さんの言葉が違う人を呼んで、その人がまた違う人を呼んで…そうやって数珠つなぎのようにこの映画を育ててくれたんだと、強く感じます。映画って賛否があって皆さんに語られる作品だからこそ、こうして熱量が集まっていくんだなと思います。この作品が皆さんにとって持ち帰れる作品になったのかなと、少し嬉しく思います。まだ公開は続きますので、この作品を最後までよろしくお願いします」と真摯に語り、イベントを締めくくった。

映画『新聞記者』は全国公開中

(C)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

新聞記者

新聞記者

4.1
2019/6/28(金) 公開
出演
シム・ウンギョン/松坂桃李/本田翼/岡山天音/郭智博/長田成哉/宮野陽名/高橋努/西田尚美/高橋和也/北村有起哉/田中哲司 ほか
監督
藤井道人