王様になるのが待ちきれない!『ライオン・キング』子供時代のシンバが歌う新映像

8月9日(金)公開の映画『ライオン・キング』より、子供時代のシンバが歌う「王様になるのが待ちきれない」の“プレミアム吹替版”最新クリップが解禁となった。

ライオン・キング

「王様になるのが待ちきれない」は、幼少期のシンバが、サバンナを治める偉大な父ムファサに憧れ、はやく王になりたいと夢見る曲。いずれ王の座を継ぐ運命にあるシンバの、まだ純粋無垢で無邪気な心情が綴られた歌詞と、アップテンポなメロディーが弾けるこの曲は、ファンの中でも特に人気の高い曲だ。“僕は王様だ”と高らかに声を上げ、シンバの教育係でもあるザズーをからかいながら、やんちゃで好奇心旺盛なシンバが命溢れる美しい王国を駆け巡る姿が眩しい。“超実写版”だからこそ実現したみずみずしい映像美と、確かな歌唱力で歌い上げられたこのシーンは、見るものすべての心を掴む、そんな映像だ。

シンバ(子供時代)の吹替を務めるのは、若干11歳にして圧倒的な歌唱力を持つ、熊谷俊輝。ミュージカルを学んでいた姉の影響で歌に興味をもち、わずか6歳で地元岡山県倉敷市の倉敷音楽祭で歌を披露、抜群の歌唱力で注目を浴びる。その後、a-nation 2018 supported by dTV&dTVチャンネル にてオープニングアクトも任されるほどの実力を持つ熊谷は、今回この『ライオン・キング』の主人公シンバという大役を見事勝ち取った。

ハイトーンかつ透明感のある彼の歌声は、無邪気で好奇心旺盛なシンバを見事に表現しており、この確かな実力を兼ね備えた熊谷は、子供時代のシンバを務めあげることのできる、唯一無二の存在なのだ。そしてシンバの幼馴染ナラの吹替を務めるのは、女優の小林星蘭。彼女もまた、勝気で活発な子供時代のナラを、高く伸びた歌声で演じ切っており、才能溢れる2人の息の合った歌声は、シンバとナラにも決して劣らない、抜群のコンビネーションを発揮している。

映画『ライオン・キング』は8月9日(金)より全国公開

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ライオン・キング

ライオン・キング

3.9
2019/8/9 (金) 公開
出演
声の出演:ドナルド・グローヴァー/ビヨンセ ほか (日本語吹き替え)賀来賢人/江口洋介/佐藤二朗/亜生(ミキ)/門山葉子/大和田伸也/沢城みゆき/加瀬康之 ほか
監督
ジョン・ファブロー