未公開シーンを含むR18+『ミッドサマー』ディレクターズカット版の上映が決定

アリ・アスター監督の最新作『ミッドサマー』ディレクターズカット版の各地の劇場での上映が決定した。

ミッドサマー

ヘレディタリー/継承』で知られるアリ・アスター監督の最新作。恐怖の歴史を覆す、暗闇とは真逆の明るい祝祭。天才的な発想と演出、全シーンが伏線となる緻密な脚本、観る者を魅惑する極彩色の映像美が一体となり、永遠に忘れられない結末に到達する。そこに待つのは究極の恐怖と、未体験の解放感。体験した者は二度と元には戻れない”フェスティバル・スリラー”だ。

『ミッドサマー ディレクターズカット版』は、レギュラー版ではカットされた未公開シーンを含む上映時間2時間50分で、映倫区分はR18+となる。詳しくは公式サイト(phantom-film.com/midsommar)をチェック。

映画『ミッドサマー』はTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中

(C)2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で


作品情報

ミッドサマー

ミッドサマー

3.5
2020/2/21(金) 公開
出演
フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー/ウィル・ポールター/ウィリアム・ジャクソン・ハーパー/ウィルヘルム・ブロングレン/アーチー・マデクウィ/エローラ・トルキア ほか
監督
脚本・監督:アリ・アスター